ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Lenovoのリストバンド型活動量計「SmartBand SW-B100」の外観や仕様の一部が判明、Android 4.3 / iOS 7 / Windows 8以上に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Lenovo が開発を進めているリストバンド型活動量計「SmartBand SW-B100」が 10 月 4 日付で FCC の認証を取得し、外観や仕様の一部が判明しました。Bluetooth SIG の認証情報から、SW-B100 は Bluetooth v4.0  に対応したリストバンド型活動量計で、光学式の心拍センサーを搭載していることが既にわかっています。今回の FCC の資料には写真やマニュアルも含まれており、それらから製品の外観や仕様を確認できました。外観は写真の通りです。Gear Fit のような形状ですね。マニュアルによると、SmartBand SW-B100 はディスプレイを搭載しており、時刻だけではなく、活動量やアラーム設定時刻の通知などの情報も表示します。また、IP67 の防水・防塵に対応し、Android 4.3 以上、iOS 7.0 以上、Windows 8 以上の端末に対応しています。このほか、質量は約 22g で、バッテリー駆動時間は 7 日、心拍センサーは裏面にあります。充電は付属のクレードルに本体を置いて裏面のピンで行う方式を採用しています。Source : FCC


(juggly.cn)記事関連リンク
Android WearスマートウォッチでWindows 95が動く!? その動作映像が公開
Galaxy CoreのPrimeバージョンが出現
Android Tips : Android Wearとスマートフォンの時刻がずれてしまう問題の解決方法

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP