ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

かわいい!見つけたら嬉しくなりそうなストリート・アート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外旅行の楽しみのひとつが、街のあらゆる場所をキャンバスにしたストリート・アート観賞だ。

ペインティングは、消されてしまったり、自然に消えてしまったりするので、自分の目で直接見る体験は貴重。

アメリカ・ミシガン州の都市アナーバーでは、可愛らしい動物をモチーフにしたストリート・アートが人気だという。

手がけているのは、アーティストのDavid Zinnさん。2001年頃から、チョークと木炭でペインティングを残して回っているそう。

ちょっとした段差や道端の植物などを取り入れる手さばきは、見事。

街中を散策していて、見つけたら嬉しくなりそうなものばかりだ。

現在は品切れのようだが、Davidさんの残したペインティングは”Lost & Unfounded”という作品集として出版もされている。

Facebookでは最新のものが公開されているので、ぜひチェックしてみて。

Facebook
https://www.facebook.com/DavidZinnIllustration
David Zinn
http://zinnart.com/

The post かわいい!見つけたら嬉しくなりそうなストリート・アート appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP