ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホンダ、2015年の欧州向けシビック・CR-Vの車載インフォテイメントシステムにTegraプロセッサ・Androidを採用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NVIDIA は 10 月 1 日、国内の自動車メーカー ホンダの欧州向けシビックと CR-V の 2015 年モデの車載インフォテイメントシステム「Honda Connect」で、同社のモバイルプロセッサ「Tegra」が採用されたことを発表しました。Honda Connect はホンダ純正のカーナビゲーション&オーディオシステムのことで、NVIDIA はホンダと共同で Android 4.0.4 ベースの Honda Connect 用プラットフォームも開発したことも明らかにしました。つまり、来年のシビックと CR-V は Androidビルドインになるということです。Tegra プロセッサを搭載した Honda Connect の詳細はまだ公開されていませんが、NVDIDA の発表によると、7 インチの静電容量式タッチスクリーン、サテライト ベースのナビゲーション、AM / FM / DAB の再生、リアビューカメラのプレビュー、Honda App Center(アプリストア)の利用が可能とのことです。Source : marketwatchbsn


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC ReCameraとみられる「0PG1100」がFCCの認証を取得、Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0に対応
Sony Mobile、Xperiaデバイスにおける今後のAOSPでのサポート内容を発表
NTTドコモ、「Galaxy S 4 SC-04E」のソフトウェアアップデートを開始、Gガイド番組表からワンセグを起動できない問題に対処

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。