ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

警視庁 ネットワーク捜査指導室発足 サイバー犯罪取締の強化へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 

10月1日、警視庁は新種のコンピューターウイルスやサイバー犯罪の手口について、分析や研究に取り組む「ネットワーク捜査指導室」を発足させました。

警視庁は、すでにサイバー犯罪に対応するセクションを設け、専門の捜査官を配備していますが、金融をはじめとした深刻なサイバー犯罪に対応すべく、今回の新部署発足に至った模様です。
ネットワーク捜査指導室に配属される捜査官は19人。発足式にあたって高綱直良警視総監は、「新たなインターネットサービスを犯罪ツールとして利用されるケースが増えている。サイバー空間の脅威を常に意識し、警視庁全体のサイバー犯罪検挙能力を高めてもらいたい」といった旨の訓示を行いました。

配属される19人の捜査官は、民間の情報セキュリティ会社と連携して、サイバー犯罪の情報を共有し、すでに警視庁内に配備されている捜査官と連携を取りつつ、的確な指導を行うとのことです。

警察庁の統計によると、インターネットバンキングなどを悪用した不正送金は、今年6月までに18億6000万円を越えており、過去最悪と言われた昨年を既に越えている状態です。金融機関の口座をハッキングするような大胆な方法ではなくても、LINEなどを通じた詐欺やSNSなどのなりすまし等の被害など、サイバー犯罪はあとを絶ちません。

サイバー空間を利用した金融犯罪だけでなく、ポータルサイトからの個人情報の大規模な盗用、公共機関などのサイトを通じた破壊工作、個人のパソコンやスマートフォンを狙った攻撃、威力業務妨害や個人への名誉毀損などといった問題など、サイバー空間で起こる犯罪は様々な問題が懸念されています。

取り締まりの強化について、様々な意見がありますが、既に英国などではネットの監視が行われており、サイバー空間での犯罪について厳密な取り締まりが行われています。法整備を含めた上で、この問題についての今後の動向を見守りたいですね。

写真は 足成 http://www.ashinari.com/ より

※この記事はガジェ通ウェブライターの「松沢直樹」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP