ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チームラボプロデュース”お絵かき水族館”新作やコスプレコンテストも! お絵かきの祭典『pixiv祭』のテンションがヤバい [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

イラスト・マンガ・小説などを自由に投稿できるクリエイターのためのSNSサービス『pixiv』。2007年9月にサービス開始されて以来、会員数1000万人以上、月間38億PV、作品数4800万枚を数え、創設7年にして世界最大級のプラットフォームに成長を遂げています。
そんな『pixiv』と、ユーザーのための参加型展示イベント『pixiv祭~お絵かきたのしぃぃぃぃぃいぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!~』が2014年10月25日から11月24日まで、東京・六本木ヒルズ展望台で開催されます。やたらタイトルが長いので以後『pixiv祭』と略させて頂きますが、イラストレーターNaBaBaさんのメインビジュアルが公開され、みどころも続々と発表されています。

2014年7月の『pixiv 七夕短冊祭』に引き続いて六本木ヒルズを舞台にした今回は『pixiv』の理念である“お絵かきがもっと楽しくなる場所”を現実空間に再現したイベント。クラウドファンディングサービス『CAMPFIRE』で製作資金を募集した”うごく巨大イラストやぐら”や、人気絵師4名の作品を大日本印刷の高解像度複製印刷技術『プリモアート』でプリントした巨大イラスト屏風、擬人化キャラクター”ピクシブたん”の巨大グラフィグのほか、ウルトラテクノロジスト集団チームラボの製作協力によるアトラクションも楽しめます。

チームラボがプロデュースする”お絵かき水族館”の新作”お絵かきピープル”。来場者が紙に描いた男の子・女の子の絵が目の前の大きなデジタル空間の広場に出現し、自分で描いたキャラクターに触れたりすることもできます。既に上海金融環球中心(SWFC)などでも人気となっているアトラクションを体験するチャンスです。

三次元のヴァーチャルな空間の中に入り込んでコスプレ動画を撮影出来るスタジオ”CureStudio”(キュアスタジオ)も登場。空間の中でダイナミックにお絵かきを楽しめます。ヴァーチャル空間ではアイテムが大きな筆となって登場し、カラフルなペンキでオリジナルの絵を描いている様子をモニターで見ることが可能で、出来上がった作品は『Facebook』で公開される予定とのこと。

アーティストの村上隆氏が原作・監督の魔法少女アニメ『6HP』(シックスハートプリンセス)。2015年冬放映予定に先駆けて、公式コスプレコンテストが『pixiv祭』期間中の2014年11月23日に実施されます。募集キャラクターは7人のプリンセス達で、村上氏をはじめとする『6HP』関係者が審査員を務めます。既に特設サイトで募集が開始されており、締切は2014年10月30日。

2014年10月25日に開催されるオープニングイベント『pixiv祭×MADO LOUNGE presents HALLOWEEN PARTY』も豪華。日本エレキテル連合やAMIAYAのライブのほか、Tibby a.k.a. IMALUがDJパフォーマンス、さらにはkz(livetune)、DE DE MOUSE、RAM RIDER、DJ WILDPARTYといった東京のクラブシーンを牽引するDJたちが会場を盛り上げるとのこと。チケットは前売3500円・当日4000円で、イープラスで発売中。ボーカロイドシーンや同人音楽シーンで活躍する絵師を数多く輩出している『pixiv』を祝福するのに相応しいラインナップといえるでしょう。

期間中は、『pixiv』をイメージしたオリジナルメニューを用意した『お絵かき処 ピクシブ食堂』が開店。ユーザーから投稿されたメニューが実際に提供されます。中でも強烈なのが、牛乳と砂糖で炊き上げたご飯に、温かい苺ソースをトッピングしたという「イチゴかけご飯」(700円・税込)。見た目からしてヤバそうですが……勢いでかきこんで食べてしまう人も出てきそう。

『pixiv』上で人気作家となっているしりもとさんの作品とコラボした「しりもとカレー」(900円・税込)。こちらはまだしもフツーそう……。

「なにこれかわいい」タグで埋め尽くされるタカノさんの「カラーひよこ」もオリジナルパフェ(1100円・税込)に。中には16羽のひよこマドレーヌが入っているとのこと。食べちゃうのがもったいない!

”祭り”と呼ぶのに相応しいなんでもあり感がいかにも日本のイベントらしい今回の『pixiv祭』。テクノロジーとさまざまなクリエイター・絵師の作品との融合が見れるという意味でも、参加型アートの表出と捉えることもできそう。普段『pixiv』を利用しているユーザーならばその光景を目撃しておきたいところです。

『pixiv祭』公式サイト
http://matsuri.pixiv.net/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP