ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドコモのスマホでは初となる高精細WQHDディスプレー搭載の『ARROWS NX F-02G』を発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


NTTドコモは、Androidスマートフォン冬春モデルとなる富士通製の新端末『ARROWS NX F-02G』を発表しました。ドコモのスマートフォンでは初となるWQHD(1440×2560ピクセル)のディスプレーや2070万画素のカメラを搭載するなど、先進のスペックを誇る製品です。10月下旬の発売予定。

OSはAndroid 4.4.4で、2.3GHzのMSM8974ABクアッドコアCPU、3GBのRAM、32GBの内蔵メモリー、3500mAhのバッテリーを搭載するハイスペックモデル。IPX5/8、IP5X相当の防水、防じん、ワンセグとフルセグ、赤外線通信、NOTTVに対応するほか、ハイレゾ音源の再生にも対応します。文字入力システムには、前モデルと同様に「スマホ史上最高ATOK」である『Super ATOK ULTIAS(ウルティアス)』を搭載。


5.2インチのWQHDディスプレーはHDディスプレー4台分の解像度で、ピクセル密度は564ppi。4.7インチのRetinaディスプレー搭載の『iPhone 6』が326ppi、5.5インチのRetinaディスプレー搭載の『iPhone 6 Plus』が401ppiなので、それを上回るピクセル密度を誇ります。静止画、動画ともこの解像度の撮影に対応するほか、『YouTube』が対応するWQHD動画の再生、microSDカード経由で4Kビデオカメラで撮影した4K動画の再生に対応。

2070万画素のカメラは1/2.3型CMOSイメージセンサー『Exmor RS for mobile』、富士通独自の画像処理エンジン『GRANVU』を搭載。シャッタースピードの高速化により動いている被写体のブレをおさえるほか、高速オートフォーカス、HDR合成に対応。210万画素のインカメラは従来機種より広角になり、複数人数での自撮りがよりキレイに写せます。

3G/LTEの通信にWi-Fiの通信を組み合わせたダウンロードの高速化機能を搭載し、同社比で約3倍のダウンロード速度を実現しているとのこと。

3500mAhの大容量バッテリーを搭載し、富士通独自の『ヒューマンセントリックエンジン』による省電力機能と組み合わせて3日を超えるバッテリーの持ちを実現。「充電してください」の表示が出てから60分で1800mAh以上の充電が可能な『急速充電2』、緊急時にバッテリー消費を抑える『非常用節電モード』を搭載。




本体カラーはBlack、White、Orangeの3色をラインアップ。Blackにはサラサラとした素材に凹凸模様をつけた背面テクスチャーを採用しています。

『ARROWS NX F-02G』主な仕様
OS:Android 4.4.4
Xi:150Mbps/50Mbps
FOMAハイスピード:14Mbps/5.7Mbps
VoLTE:対応
サイズ:約145×74×9.5mm
重量:約168g(測定中)
ディスプレー:約5.2インチ WQHD (1440×2560) IPS液晶
外部メモリー:microSD/microSDHC/microSDXC(最大128GB)
カメラ:約2070万画素 CMOS
インカメラ:約210万画素 CMOS
CPU:MSM8974AB 2.3GHzクアッドコア
バッテリー容量:3500mAh(着脱不可)
ROM/RAM:32GB/3GB
メインメモリー:3GB
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:4.0
テザリング:対応
おサイフケータイ:対応
ワンセグ:対応
フルセグ:対応
赤外線:対応
防水/防じん:対応
NOTTV:対応
NFC:対応
カラー:Black、White、Orange
製品ウェブサイト:http://www.fmworld.net/product/phone/f-02g/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP