体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マッサンとリタが暮らした夫婦愛あふれる旧竹鶴邸見学

マッサンとリタが暮らした夫婦愛あふれる旧竹鶴邸見学(写真撮影:田方みき)

国産ウイスキーの誕生を支えた竹鶴政孝と妻リタが暮らしていた北海道余市町にある、ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所を見学してきた。竹鶴夫妻は、2014年9月29日からスタートする連続テレビ小説「マッサン」のモデルにもなっている。今回は、その竹鶴夫妻が暮らした旧竹鶴邸を中心に紹介する。なお、旧竹鶴邸の一般公開は外観と玄関ホールのみ。今回は特別に内部の撮影の許可をいただいている。遠い異国へ嫁いできた愛妻リタを思い、生家に似せた門

広島の造り酒屋に生まれた竹鶴政孝は、醸造を学ぶうちに洋酒に興味を持ち、本格ウイスキーづくりを習得するため単身スコットランドへ留学。しかし、文化も言葉も違う異国の地では、研修を受け入れてくれる蒸溜所が見つからないなど、思うように勉強がすすまなかった。そんな苦労の連続だったときに出会ったのがジェシー・ロベルタ・カウン(愛称リタ)だ。恋に落ちたふたりは、1920年、リタの家族の猛反対を押し切って結婚。同年、リタは政孝の夢をふたりで叶えるために日本へと海を渡ったのだ。

政孝が勤めていた寿屋(現在のサントリー)を退社し、さらに自分の理想とするウイスキーをつくるため、北海道の余市に蒸溜所を建設したのは1934年。翌年には妻のリタを呼び寄せ、今も残る旧竹鶴邸での暮らしが始まった。

旧竹鶴邸は、外観は洋風だが、庭の灯籠や和室など和の要素を取り入れた和洋折衷の家。政孝が、自分がスコットランドでの2年半に感じたようなさびしさや苦労をリタには味わわせまいと、入口の門をリタの生家そっくりにつくらせるなどの配慮をしている。また、リタも日本人以上に日本人になりきろうと、日本語や料理の習得に力を注いでいた。妻を思いやる夫、夫を支える妻、そんなふたりの愛情のカタチが旧竹鶴邸には残されている。

【画像1】入口の門。スコットランドのリタの生家そっくりだという(写真撮影:田方みき)

【画像1】入口の門。スコットランドのリタの生家そっくりだという(写真撮影:田方みき)

【画像2 】外観デザインは洋風だが、よく見ると窓の内側に木製の障子があるのが分かる(写真撮影:田方みき)

【画像2 】外観デザインは洋風だが、よく見ると窓の内側に木製の障子があるのが分かる(写真撮影:田方みき)

【画像3】玄関の土間を上がると玄関ホール。空間全体や照明などは洋風だが、格天井や金箔を張った斜め天井の装飾などに和の風情がある(写真撮影:田方みき)

【画像3】玄関の土間を上がると玄関ホール。空間全体や照明などは洋風だが、格天井や金箔を張った斜め天井の装飾などに和の風情がある(写真撮影:田方みき)

【画像4】旧竹鶴邸のリビングダイニング(非公開)は、天井の高い洋風の空間。ダイニングテーブルにはリタが丹精込めてつくった和食が並んだという(写真撮影:田方みき)

【画像4】旧竹鶴邸のリビングダイニング(非公開)は、天井の高い洋風の空間。ダイニングテーブルにはリタが丹精込めてつくった和食が並んだという(写真撮影:田方みき)

【画像5】リタの寝室に設けられた洗面台(非公開)。身長167cmのリタが使いやすいよう、洗面台の高さは86cm。高めにつくられている(写真撮影:田方みき)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会