ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

〈EMAF TOKYO 2014〉開催記念コンピ、OTOTOYで期間限定フル試聴開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月18日(土)と19日(日)の2日間に亘り恵比寿LIQUIDROOMで開催される〈Red Bull Music Academy Presents EMAF TOKYO 2014〉の豪華コンピレーション・アルバムが完成、OTOTOYから期間限定フル試聴が開始された。

エレクトリック・ミュージックを牽引する大ベテランから、若手まで、重要アーティストが一挙参加する〈EMAF TOKYO 2014〉。OTOTOYでは今年2年目を迎える々イベントの開催を祝うべく、出演アーティストの音源を集めた期間限定コンピレーションを発売。26曲入りというヴォリュームにも関わらず、半分以上の収録曲が未発表、未発売、しかも期間限定でフル試聴も実施という太っ腹。収録曲は、Warp RecordsやMo Waxなどで90年代よりシーンを牽引する鬼才Luke VibertやFlaying Lotus主宰レーベルBrainfeederのニューエイジ探検家Matthewdavidや鬼才・arai tasukuなど、12アーティストが未発表曲で参加、またデジタル実験主義者Holly Herndonなど4アーティストがアンリリース曲で参加するなどこのアルバムでしか聴けない音源が満載だ。エレクトロニカ~電子音楽シーンの“いま”を感じることの出来るコンピレーション・アルバムを今すぐチェックしてみよう。(岡本貴之)

・〈Red Bull Music Academy Presents EMAF TOKYO 2014〉
http://www.emaftokyo.com

・『EMAF TOKYO 2014』配信特集ページ
http://ototoy.jp/feature/20140924001

V.A.
『EMAF TOKYO 2014』
OTOTOYから配信中
■レーベル:EMAF TOKYO
■価格:WAV/alac/flacアルバム1,000円(税込)
■規格番号:EMAF_TOKYO-1402
■収録曲:
01. Matthewdavid – Unfolding Atlantis *未発表曲
02. Holly Herndon – Home *アンリリース曲(Official Video only)
03. Luke Vibert – 94 different beds *未発表曲
04. ABSTRA – yahara *未発表曲
05. Alex Banks – All You Could Do (Alternate Version)
06. KYOKA – ROMOOne
07. piana – Ruins
08. Nanome – Get Over Me (Courtesy remix) *アンリリース曲
09. コッテル – Spirit
10. Untold – Motion The Dance
11. Tyme./Tatsuya Yamada – Overtone *未発表曲
12. cellzcellar – After us (feat. Claudia Barton from gamine) *未発表曲
13. TESTAV – Nexus World *未発表曲
14. Ferri – whiteout *アウトテイク
15. Mulllr – …and Missile downed *未発表曲
16. smoug – Throw Away (My Virginity Mix) *アウトテイク
17. SjQ – hunCh *未発表曲
18. LASTorder – A Little More Today *未発表曲
19. shisd – Island (with Cape North) *未発表曲
20. 食品まつり a.k.a foodman a.k.a foodman – mori he go
21. TPSOUND – Night Run *アウトテイク
22. at her open door – short dialogue between us *アンリリース曲
23. 黒電話666 – full negligence *未発表曲
24. arai tasuku – Colleen / 夜の芽 *未発表曲
25. Bosaina – Seashore & Sustains *アンリリース曲
26. NETWORKS – Gas&Electricity

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP