ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国では通勤時に屋台で朝食を食べます! ランチの弁当も買います

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本人はワーカーホリックのように仕事ばかりしていると思われていますが、中国人だってけっこう働きます。

中国の地方都市では、忙しいビジネスマンのために早朝から屋台を出し、朝食やランチのお弁当を売っています。

通勤時に屋台に立ち寄って朝食を食べたり、ランチの弁当を買ったりするわけです。

日本の牛丼屋にも朝食メニューがありますが、感覚としてはそれに近いかもしれません。店舗か屋台かの違いくらいしかありません。

中国の朝食屋台では、蒸かしパン、肉まん、揚げパン、白湯スープ、焼きおにぎり、野菜炒めなどが売られています。

けっこうあっさりめの料理が多いのは日本の朝食と同じですね。

焼きおにぎりも売っていますが日本のものとはちょっと違います。大判焼きのカタにご飯をつめて焼いたものです。

円柱を切ったような焼きおにぎりもけっこう美味しいですよ。できればスープと一緒に食べたいですね。

少量の油でふっくら焼いたパンも香ばしくて美味しいです。大根スープと一緒に食べると最高の朝食になりますよ。

しつこくないので、胃もたれもしません。中国の朝食、皆さんも屋台で体験してみてはいかがですか?

記事: PHOTRIP(フォトリップ)http://photrip-guide.com/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP