ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【調査】男女で違う? “思い出の曲”男性は「思い入れ」を重視し女性は「曲数」が多い傾向に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


みなさんは“思い出ソング”と聞いて何か思い浮かぶ曲はありますか? 初めてのドライブデートで繰り返し聴いたあの曲。好きな映画の好きなシーンで印象深くかかるあの曲など、誰でも1曲は自分の“思い出ソング”を持っているはず。USENでは、全国の15歳~39歳の男女500名(男性:250名、女性:250名)に対して、“思い出の音楽に関する意識調査”を実施。その中で意外な男女間の違いなどが明らかになりました。

「思い出に残っている曲の数は?」男女で異なる結果に


「思い出に残っている曲の数」について質問したところ、全体では、「1曲」が36.3%と最も多く、次いで「5曲以上」が35.0%、「2曲」が17.2%となりました。

しかし、男女別にみるとその違いが明らかに。男性全体の1位は、「1曲」で41.2%、「5曲以上」が32.0%となりましたが、女性全体では、「5曲以上」が38.0%と、「1曲」の31.2%を上回る結果に。特に20代は男女間での違いが顕著に出ており、20代男性は約半数の46.0%が「1曲」と回答したのに対し、20代女性は「5曲以上」が43.0%と、正反対の回答となりました。

男性の多くは「思い出の曲はこれだ!」という1曲に対する思い入れが強い一方で、女性はさまざまな生活シーンにおいて音楽を思い出とひも付け、「思い出の曲が複数ある」という人が多いことが分かりました。カップルの場合、男性は女性との共通の“思い出ソング”をきちんと覚えておかないと、どこかで痛い目をみるかもしれませんよ?

「思い出の音楽との接点は?」4人に1人が今では接点なし


それでは、“思い出ソング”はやはり今でも繰り返し聴いたりするものなのでしょうか? 「思い出の音楽との接点」について尋ねたところ、全体では、半数を上回る51.2%が「今でもよく聞く」と回答。次いで「接点はない(もう聴いたり歌ったりしていない)」が26.4%、「カラオケで歌う」という回答が全体の25.4%で3位となりました。

際立った特徴が表れたのが、「接点はない(もう聴いたり歌ったりしていない)」という回答。男女別・各世代別にみても、「今でもよく聞く」という回答が最も多くの票を集めましたが、唯一30代女性だけが、「接点はない」という回答が40.0%と、「今でもよく聞く」(37.0%)を上回りました。なお、30代男性においては、「今でもよく聞く」が44.0%と、「接点はない」の33.0%が上回ることはなかったものの、ほかの世代と比べてその差は縮まっていることが分かりました。30代では「今でもよく聞く」派と「接点はない」派が二極化しているようです。

全体を見ても、4人に1人が思い出の音楽と「接点はない」という結果は意外でしたが、自分が持ち歩く音楽プレーヤーやスマホの中に、わざわざ“思い出ソング”を入れる人は少ないということなのかもしれません。でも、クリスマスの時期になると山下達郎の『クリスマス・イブ』や、Wham!の『Last Christmas』が街に流れ始め、「あー、この曲を聴くといつもあの日のあの場面を思い出すなぁ」となるように、ふとした瞬間に再び聴く“思い出ソング”の方が感慨深かったりしますよね。

月額490円(税抜き)で聴き放題できる音楽配信サービス『スマホでUSEN』では、「1980’s HIT」「もの悲しい秋に哀愁溢(あふ)れるナンバーを」など、年代別の音楽をまとめたチャンネルやアーティスト特集が充実。スマホにアプリをダウンロードして簡単なアカウント登録をするだけで、USENが放送する最新曲から定番の名曲まで700チャンネル以上を自由に楽しむことが可能なので、思い出を呼び起こすきっかけにはもってこいのサービスと言えます。現在、3日間無料でお試し利用ができるので、みなさんも自分の思い出に残っている音楽を探してみては?

『スマホでUSEN』公式サイト:
http://smart.usen.com/

※画像は「足成」より引用

カテゴリー : エンタメ タグ :
よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP