ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暗くなるとオートで点灯!常夜灯にもなる便利なコンセントカバーが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夜中にトイレに行くとき、手元や足元が暗くて困った……という経験はないだろうか。そもそも周りが暗いので、灯りのスイッチを見つけるのも一苦労。しかも、明るくしたために寝ている他の家族を起こしてしまうかもしれない。

それなら、SnapPowerが開発した「SnapRays Guidelight」のようなツールが役立ちそうだ。通常の電気コンセントカバーの替わりに設置するだけで、常夜灯にもなってしまうというもの。カバープレートには3つのLEDライトが内蔵されていて、これがまぶしすぎず、やわらかな光を放つ。

「SnapRays Guidelight」には光センサーが搭載されていて、暗くなると自動的にライトが点灯する。もちろん、ライトが点いている間も、コンセントは普通に使用することができる。LEDライトはランニングコストも安く、年間わずか10セント以下の経費で済み、しかも25年間持続利用が可能だという。

この「SnapRays Guidelight」は、普通のコンセントカバーの替わりに使用できるよう設計されていて、カバーの背面にある特許技術の“Power Extractors”が、壁に設置されているコンセント周辺に接触し、必要な電力をそこから集める。

シンプルで合理的なその構造のおかげで、設置する際にワイヤーやプラグを用意する必要もなく、スマートかつコンパクトに設置が可能だ。

取り付け方は簡単。電源を切った状態にしてから、既存のコンセントカバープレートを外し、替わりに「SnapRays Guidelight」を取り付けて固定し、電源を戻すだけ。それだけの手順で、暗くなると自動的に点灯する“常夜灯”コンセントが完成する。ワイヤーやプラグもないので、子育て中の親にも安心だろう。

コンセントの穴が2箇所に分かれているタイプ“duplex”と、1渇所のタイプ“decor”の2タイプがあり、カラーは“白”“ライトアーモンド”“アイボリー”の3色から選べる。価格は通常価格1点20ドルのところ、プレオーダーで15ドル。

SnapRays Guidelight

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP