ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菅野美穂・小泉孝太郎が映画『ベイマックス』でディズニー声優初挑戦!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作であり、12月20(土)の日本公開を前に、早くも愛らしさに満ちたキャラクターが注目を集めている映画『ベイマックス』。その日本版キャストが発表され、菅野美穂さん、小泉孝太郎さんがディズニー・アニメーションで声優に初挑戦することが明らかになりました。


本作は、幼くして両親を亡くし、最愛の存在であった兄タダシも謎の事故で亡くしてしまったひとりぼっちの天才少年ヒロと、心とカラダを守るために作られたケア・ロボットの“ベイマックス”が繰り広げる感動アドベンチャー。菅野美穂さんは、亡き両親に代わり甥(おい)っ子であるヒロとタダシに無償の愛を注ぎ込む母性愛に満ちたキャラクター、キャスを演じます。自慢の天才甥っ子たちのことを心から考えサポートする、とても面倒見がいいお姉さん的な存在です。菅野さんは「ベイマックスが、東京と似た風景の中で、どんな活躍を見せてくれるのか、とても楽しみです。声のみでの演技で難しいと思いますが、新鮮な気持ちで演じられたらと思います」と、喜びとともに意気込みを語りました。

自身も弟を持つ小泉孝太郎さんが演じるのは、主人公ヒロの兄であり、ベイマックスの製作者でもある21歳の青年タダシ。タダシは両親を失って以来、まだ幼かった弟ヒロを何よりも大切に守ってきました。そんな彼が人々の心とカラダを守るために作った究極のケア・ロボット“ベイマックス”は、兄の死に深く傷ついたヒロの心をケアしようと、タダシに代わって優しくヒロに寄り添います。小泉さんは「タダシが世の中の幸せを願って開発したケア・ロボットのベイマックスという存在に、大きなスケールを感じました。声優は初めての挑戦なのですが、彼がベイマックスに込めた思いや深い愛情を伝えられるよう、頑張りたいと思います」と語り、声優初挑戦ながら全力で役作りに臨んでいることが伺えます。

ディズニー・アニメーションでは声もキャラクターの一部であるという考えから、世界中の吹替キャストの声質やイメージは、アメリカ本社の厳しい審査によってチェックが行われます。『アナと雪の女王』では各国のエルサ役を務めた声優による劇中歌『Let It Go』の歌声をつなぎ合わせた動画が話題となりましたが、その映像を観ても声質やキャラクターのイメージが統一されていることがよく分かります。もちろん最新作『ベイマックス』においても、各キャラクターを務める声優は厳しい審査によって選ばれており、菅野さんと小泉さんそれぞれの演じるキャラクターがイメージにぴったりなことはディズニーの折り紙つきと言えます。

そんな2人の声優決定を知ったドン・ホール、クリス・ウィリアムズの両監督は「キャスとタダシのイメージにピッタリだね! 日本へは特別な想いがあるし、美穂と孝太郎の日本語版を楽しみにしてるよ。東京国際映画祭で是非彼らに会いたいね!」と太鼓判を押しました。「ディズニーから日本へのラブレター」とも言われるほど、日本への愛とリスペクトに満ちた本作。2人がそれぞれキャスとタダシをどのように演じるのか期待が高まります。

『ベイマックス』公式サイト:
http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/baymax/

(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP