体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

朝日新聞って、反権力でしたっけ?(音楽家・作家 八木啓代)

政治・経済・社会
朝日新聞って、反権力でしたっけ?(音楽家・作家 八木啓代)

今回は八木啓代さんのブログ『八木啓代のひとりごと』からご寄稿いただきました。
※この記事は2014年09月13日に書かれたものです。

朝日新聞って、反権力でしたっけ?(音楽家・作家 八木啓代)

慰安婦問題の吉田証言の件と福島原発事故の吉田調書の件で、朝日がダブル謝罪することになり、ややこしいったらありゃしません。
いずれにしても、鬼の首を取ったように喜んでいるのは読売と産経ですが、産経はともかく、読売はジャイアンツの選手獲得での巨額契約金問題で朝日に喧嘩を売られましたから、見苦しいはしゃぎっぷりです。

しかし、それにしても、朝日はそんなに反権力な新聞でしょうか?
戦前や戦中の大政翼賛はともかく、一応、戦後は、リベラルを代表していた、と考えている人が多そうですが、私は実は全然そうは思ってはいません。

それというのも、私がこの3年ほど、検察問題に関わってきた中で、朝日が、こと検察問題でまともな報道をしたことなどないからです。なにより、あの、ネットで流出した田代報告書ですが、あの一連の報告書は、朝日新聞はその前から入手していました。

一読すれば、大問題であるはずのあの虚偽報告書を、朝日は一面トップで報道するどころか、ずっと、こっそり隠し持っていたわけです。そして、その挙げ句、ネットで報告書が流出したときも、これを産経や毎日は大きく報道しましたが、朝日はそのことすら一行も書いていません。

(同じく報告書を事前入手していた読売は、ネット流出自体を報道こそしませんでしたが、すぐにそれを受け、すでに報告書が事実上公開されたものという前提で、他の報告書の問題点などを記事として書いていますが、朝日はそれすらやりませんでした)

(なんで、朝日と読売が流出事件を報道しなかったかというと、どっちも事前に文書を入手していただけに、記者の内部告発を疑って、社内で犯人捜しやってたとかいう噂が….。)

いずれにしても、この、見苦しいまでの徹底した検察迎合。それが朝日の立ち位置でした。

それは、朝日新聞編集委員村山治氏の書いた「検察―破綻した捜査モデル―(新潮新書)*1」という新書でも、一見、批判的に書いているように見せかけて、実際は、検察幹部と親しいことがご自慢で、結果的に検察をヨイショしているだけではなく、私たちの「健全な法治国家のために声をあげる市民の会*2」のことも、小沢一郎氏支持団体であるかのような無定見で恥知らずで、裏取りのイロハすらやっていないような描写をしていることでもわかります。

*1:「検察―破綻した捜査モデル―(新潮新書) [Kindle版]」 村山治 (著) 『Amazon』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00B3Q2Q52

*2:『健全な法治国家のために声をあげる市民の会』
http://shiminnokai.net/index.html

小沢一郎が好きか嫌いか、政治家として評価するかしないかは別として、陸山会事件がでっち上げであり、それによって検察という「第5権力」が、歴史的な政権交代を骨抜きにしたことや、挙げ句に、検察審査会を騙して強制起訴をさせるために虚偽報告書を作ったなどというのは、明らかに、検察の戦後最大の不祥事であり、必ずや後の世で歴史に審判を下されるであろう事件ですが、この事件に関して、とにかく、いじらしいほど検察リーク丸呑みで、検察に都合の悪い資料は、たとえ入手しても記事にしない、それが朝日新聞社のスタンスだったわけです。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会