体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

真心ブラザーズとフラワーカンパニーズが日本青年館を一夜だけ日本中年館に!

9月13日(土)、日本青年館で「25×25×25!!!今夜だけ!日本中年館」と銘打たれた真心ブラザーズとフラワーカンパニーズのスペシャルライブが行われた。

9月13日(土)@日本青年館(真心ブラザーズ×フラワーカンパニーズ) (okmusic UP's)

この日のライブは今年で結成&デビュー25周年を迎えた真心ブラザーズと、結成25周年を迎えたフラワーカンパニーズ、そして同じく今年開局25周年を迎えた音楽チャンネル“SPACE SHOWER TV”。この3者がタッグを組んで企画した一夜だけのスペシャル・ライブ。

前説でいきなり真心ブラザーズのYO-KINGと桜井秀俊、フラカンの鈴木圭介が登場し、25年選手同士の軽快なトークで会場を十分過ぎるくらい温めていく。そしてYO-KINGの「中年の魂を見せてくれー!」の掛け声とともにフラカンのライブに突入する…。かと、思いきや…。急にステージの後方に掲げられた各々の25周年記念ロゴが記されたフラッグが上へと移動し、ステージが右に回転し始める。回転していくステージには鈴木圭介以外のメンバーが楽器を持ってスタンバイしていた。このメンバー登場の仕方一つにしてもファンを楽しませるのが25年のキャリアを誇る両バンドだからかその粋な計らいと言える。「最高の夏」からスタートしたライブは、「深夜高速」、「夜空の太陽」など新旧織り交ぜたセットリストを惜し気もなく披露してくれた。

そして、続いては真心ブラザーズの登場である。こちらもステージが右に回転してメンバーが登場する。真心ブラザーズが全国ツアー「WE ARE SO GREAT!〜俺たち、エライよね〜」を回る際、サポートベースに岡部晴彦、サポートドラムに伊藤大地を迎えて4ピース・バンドを結成し、名付けられたバンド“Low Down Roulettes”の編成でガッチリとロックを掻き鳴らして行く。特に「どか〜ん」から「I’M SO GREAT!」へと流れ込むと会場の温度は沸点を超え、演奏中にYO-KINGがフラカンのグレートマエカワをステージに呼び寄せて一緒に「I’M SO GREAT!」を歌唱した。そして続く「ENDLESS SUMMER NUDE」「愛」では会場に遊びに来ていたうつみようこをサプライズでステージに呼び、最高のコラボレーションを見せてくれた。

アンコールでは会場が日本青年館ということもあり、真心とフラカンが「8時だョ!全員集合」のパロディーでステージに登場。赤、黄、緑、青、ピンク、紫のハッピを着たメンバー達は「誰が何役か決めようぜ!!!」と議論し始め、会場を笑いに包んだ。そして、真心ブラザーズの「空にまいあがれ」、フラカンの「真冬の盆踊り」を両バンドでコラボレーションし、最後は「いい湯だな!」でスペシャル・ライブを締めくくった。尚、このライブの模様はSPACE SHOWER TVで後日放送される予定もあるという。惜しくも会場に来ることが出来なかった人は、SPACE SHOWER TVの発表を楽しみに待とう。

また、真心ブラザーズは11月19日に待望のニューアルバムをリリースすることが発表されている。テレビ東京系「おはスタ」のテーマソングとして一足早く彼らの新曲を一曲耳にすることが出来るが、どういったアルバムを発表してくれるのか楽しみだ。また、11月21日(金)には渋谷公会堂にて「マゴーソニック2014」と題したイベントを実施する。“あの大先輩と…”とアナウンスされていた出演者が藤井フミヤであることを本日遂に発表。

フラワーカンパニーズも10月22日に25周年トリビュート・アルバムのリリースを控えつつ、現在は“フラワーカンパニーズ・アコースティックワンマン「フォークの爆発2014~座って演奏するスタイルです」”を行っている真っ最中。その後も10月25日の函館を皮切りに“フラカン結成25周年 ~ほぼ対バンtour~「シリーズ・人間の爆発スペシャル」”と題した全国ツアーが新たにスタートを切ることが発表されている。両バンド共にリリースやツアー、イベント出演など25周年に相応しい活動を続けている。両バンドの今後の活動に注目しよう。

photo by eri shibata

■真心ブラザーズオフィシャルHP
http://www.magokorobros.com/
■フラワーカンパニーズオフィシャルHP
http://www.flowercompanyz.com/

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。