ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外旅行時に便利そう!単位、通貨、時差を計算してくれるアプリ「Converter」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オウンス、ヤード、インチ、フィート、マイル…。海外に出掛けたり、海外のニュースを読んだりする時に出てくる馴染みの無い単位。「1マイルは約1.6キロだから35マイルをキロに換算すると…」などと計算機をたたいたことがある人は多いだろう。

単位だけではなく、時差や為替などでも計算が必要だ。そんな場面で役に立ちそうなのがアプリ「Converter」。

Converterは、馴染みのない単位による面積や長さ、容量、速度などの値を入力すると、普段使用している単位に換算してくれる。ほとんどの単位に対応しているほか、衣服や靴のサイズの換算もできるので、海外でのショッピング時に便利だろう。

「定価299ドルから35%オフ」といったバーゲン案内があったときでも、このアプリの%計算機能を使えば、いくらで買えるのかがすぐにわかる。

また、為替の計算時にも役立つ。2つの通貨を選び、計算したい値をアプリ内のキーボードで入力し、「Update」ボタンを押すと最新レートに基づいて別の通貨で算出して表示してくれる。よく使う単位・通貨にはブックマークをつけておくと、操作がより早くなりそうだ。

もう一つ頻繁に使いそうなのが、タイムゾーン計算。知りたい都市名を入力するとタイムゾーンや現在時間が表示され、自身が今いる国・都市との時差も表示される。こちらも複数の都市をブックマークしておくことができる。

iOS、Androidに対応している。ダウンロードは無料なので、旅行前にぜひスマホに入れておきたいアプリだ。

Converter/iTunes

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP