ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、日本向けに「SM-G870D(Galaxy S5 Active)」と「SM-T807J(Galaxy Tab S 10.5)」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が日本向けに「SM-G870D」という型番のスマートフォンと「SM-T807J」という型番のタブレットを開発していることが判明しました。SM-G870D (SM-G870DTSADCM)」については、SM-G870 シリーズが「Galaxy S 5 Active」の型番なので、おそらく、ドコモ向けの Galaxy S 5 Active になると予想されます。グローバルモデルの型番規則を採用しているところを見ると、内容がグローバルモデルベース、あるいは SIM ロックフリーで販売しようとしているのかもしれません。「SM-T807J」については、型番末尾の“J”から日本向けと推測されています。SM-T800 シリーズは「Galaxy Tab S 10.5」の型番なので、セルラー機能を備えた Galaxy Tab S 10.5 と予想されます。@evleaks さんによると、この型番は KDDI に投入されるそうなので、今後、KDDI から発表されるかもしれません。Source : Samsung JapanZAUBA


(juggly.cn)記事関連リンク
世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2014年9月)、KitKatのシェアがほぼ25%に
アプリUIのリニューアルとGoogle Voiceによる通話機能をサポートしたAndroid版ハングアウト v2.3がリリース
SmartBand SWR10のAndroidアプリがv1.5.0.488にアップデート、ステータスバー上の接続アイコンが非表示に、一部の問題も修正

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP