体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時短ホームベーカリー&女子チームによるレッグリフレが目玉!? キッチン&ビューティーが充実のパナソニック2014年秋新製品

panasonic2014a_01

この秋か年末にかけての家電商戦で注目が集まっているのは、1台あると料理の幅が格段に広がるホームベーカリーやハンドブレンダー、それにヘルスケア・美容製品。パナソニックからも新製品各種の投入が発表されていますが、その中でも60分でパンを焼き上げる機能を搭載したホームベーカリー『SD-BMT1000』や、ふくらはぎから足先までマッサージできるレッグリフレ『EW-NA84』が女性消費者のニーズをとらえることになりそうです。

※全ての画像は『ガジェット通信』でご覧ください
http://getnews.jp/archives/662690

時短・プロの技・食感にこだわったホームベーカリー

panasonic2014a_02

おいしいパンを自宅で作りたいというニーズの高まりもあり、高機能化が進んでいるホームベーカリー。パナソニックが今回発売する一斤タイプの『SD-BMT1000』と二斤タイプの『SD-BMT2000』には、インバーターモーターが搭載されており、生地を練る速度を変えることができるようになったのが最大の特徴。これにより、薄くてパリっとした皮と小麦本来の風味を引き出したパナソニック独自の“パン・ド・ミ”に3種類の食感・味わいを選べるようになっています。

また、「今すぐパンを作って食べたい」という要望が多く寄せられたこともあり、インバーターの高速練りによる“時短パン”を実現。『SD-BMT1000』は60分、『SD-BMT2000』は80分で練りから発酵、焼き上げまで済ませてしまうとのこと。

panasonic2014a_03

“パン・ド・ミ”は、既存の製品で作れたものに加えて、水分量の多い“もちもち”とソフトで軽い食感の“ふんわり”を加えた計3種をシーンに合わせて作ることができます。もちっとした食感は高速練りで水分を充分に抱き込むことによって可能に。ふんわりさせるには低速の練りとねかしの時間を多めに取ることによって実現されています。コースを選択して分量を間違えずに入れるだけでお好みのパンができてしまうというのは、パン好きにとっては嬉しいところなのではないでしょうか。

panasonic2014a_04

人気の高いマーブルパン。これまで成型の手間がかかることもあり、なかなか簡単に作ることができませんでしたが、新モデルでは生地を取り出す必要がなく、粉やペーストをパンケースの端から入れるとあとは混ぜてくれます。チョコレートやココアといった定番はもちろん、抹茶ペーストを使ってみるというのもおいしそうです。

パン作りをする上で、さまざまなシーンに対応してくれそうな新しいホームベーカリー。2014年9月20日発売予定となっており、『SD-BMT1000』は3万7000円前後、『SD-BMT2000』は4万3000円前後での販売が予想されます。

混ぜるスピードを変えることが可能なハンドブレンダー

panasonic2014a_05
1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。