ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“絵文字”を使って、ライフログやコミュニケーションが簡単に!「Steven」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

絵文字を使って、自分がどこでどのくらいの時間を使っているのかといったライフログをとったり、簡単にコミュニケーションがとれるツールが、今ちょっとした話題になっている。

それが「Steven」というアプリ。絵文字をベースにしたソーシャルアプリで、大きく2つの使い方で楽しめる。

1つは、自身のライフログツールとして活用できる。

このアプリでは、位置情報をベースに、自分がいる場所をトラッキングし、その場所に合わせた絵文字がレコメンドされる仕組みだ。例えばカフェにいる時はコーヒーの絵文字、居酒屋に行っている時はビールの絵文字がレコメンドされるといった形だ。

この機能によって、自分がどの時間にどの場所にいたかが、後から絵文字で簡単に確認できる他、友人がどこにいるかも確認できる。

もう1つは、友人とのコミュニケーションツールとしても使用することが可能だ。

これは一般的な写真共有SNSに似ていて、友人と写真を共有し、それに対して文章はもちろん、絵文字を使って楽にコメントのやり取りが楽しめる。

以上のように絵文字を使う事で、スマホからでも簡単にライフログをとったり、コミュニケーションをとることができるので、興味がある方は是非チェックしてみて欲しい。

Steven

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP