ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

限定499台の『フェラーリ』が初公開! あの“F1職人”もやってくる! 『フェラーリ・レーシング・デイズ 富士 2014』開催!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

フェラーリ・ジャパンは、『フェラーリ』オーナーと『フェラーリ』ファンを対象とした特別なサーキットイベント『フェラーリ・レーシング・デイズ 富士 2014』を、9月13日(土)と9月14日(日)の2日間にわたり富士スピードウェイで開催する。『フェラーリ』ファンなら見逃せない数々の催しは下記の通り。

■フェラーリ・チャレンジ
エントリーできるのは『フェラーリ』限定のワンメイクレース。『フェラーリ 458 チャレンジ EVO』が高速で駆け抜ける姿を、ぜひスタンド席から見届けよう。エントリー車両だけで総額ウン億円もする超豪華レースには、あの“F1職人”がゲスト参戦!?

■フェラーリ ギャラリー【注目!】
歴代の名車や現行の『フェラーリ』のフルラインアップが並ぶなか、このイベント最大の目玉と言っても過言ではない特別車両『ラ フェラーリ』も本邦初登場!

■トラック アクティビティ
富士スピードウェイでのトラック走行など、『フェラーリ』オーナーが楽しめるプログラムであることはもちろんのこと、通常ではなかなかお目にかかれないアクティビティを用意しているとのこと。いったいどんな内容なのだろうか!?

■エンターテイメント
『フェラーリ』オーナーだけでなく、例えばご家族連れなどすべての来場者が楽しめるライブやキッズゾーンなどを開催。

その他、内容は随時更新予定。

タイムテーブル|『フェラーリ・レーシング・デイズ 富士 2014』公式サイト
http://frd.ferrari-japan.co.jp/info/timetable[リンク]

限定499台生産! 価格もレア度も型破りな『ラ フェラーリ』がやってくるぞ−!

『フェラーリ』ファンには見逃せない数々のイベントが目白押しのなか、“フェラーリ ギャラリー”では499台限定生産という『ラ フェラーリ』が本邦初公開。この機会にしか見ることができない激レア『フェラーリ』はお値段なんと1億6000万円。男なら誰もが一度は憧れる『フェラーリ』の最新最上級車を間近で見るチャンスはここしかないぞ!

“静かなるF1職人” ジャンカルロ・フィジケラ氏も登場!


本イベントのもう一つの目玉は、2009年に惜しまれつつF1を引退したジャンカルロ・フィジケラ氏が特別ゲストとして登場する点に他ならない。F1界の王者として君臨する『フェラーリ』の元ドライバーが、『フェラーリ・チャレンジ・アジアパシフィック 2014』第5ラウンドにゲスト参戦する予定となっており、“静かなるF1職人”と呼ばれた男がもう一度『フェラーリ』のステアリングを握る貴重なシーンとなる。

休憩する間も惜しくなるほど『フェラーリ』が凝縮された2日間


タイムテーブルを埋め尽くすほどのイベントが目白押しの本イベント。“走る1億6000万円”こと『ラ フェラーリ』に限らず新旧『フェラーリ』が目白押しで、楽しめる要素を挙げだすと本当にキリがない。来場を決意した方にぜひオススメなのが、“FRDパス”といって、スタンド席だけでなくピットエリアまで入場できるチケットだ。街中で走っているとスグに『フェラーリ』だと気付くあの「フェラーリサウンド」を、目と鼻の先で体感できるに違いない。『フェラーリ』が富士スピードウェイを赤く染める熱い2日間、ぜひ『フェラーリ』を身近で堪能してみてはいかが。

『フェラーリ・レーシング・デイズ 富士 2014』公式サイト
http://frd.ferrari-japan.co.jp

チケット情報|『フェラーリ・レーシング・デイズ 富士 2014』公式サイト
http://frd.ferrari-japan.co.jp/tickets[リンク]

画像:公式サイトより引用

まがりんの記事一覧をみる ▶

記者:

車担当。 q@magarin.net

TwitterID: magarin_14

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP