ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung SM-A5000がGFX Benchに登場、Snapdragon 410や約500万画素のフロントカメラを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、Bluetooth SIG の認証を取得した「SM-A」シリーズの一つとみられる「SM-A5000」が GFX Bench の公式サイトに登場しました。SM-A シリーズの機種はまだ 1 つも発表されていませんが、噂では Galaxy Alpha のメタルフレームを採用した新スマートフォンシリーズだと伝えられています。GFX Bench の情報によると、SM-A5000 は Android 4.4.4 (KitKat)、4.8 インチ 1,280×720 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコア(Adreno 306)、2GB RAM、8GB ROM、背面に 1,200 万画素カメラ、前面に 470 万画素カメラを搭載しています。RAM 容量やカメラスペックを考えると、“中の上”といった内容です。フロントカメラが約 500 万画素とは、Samsung 端末では最高画質のフロントカメラを搭載しているとみられます。“自分撮り”を意識して開発したのでしょうか。Source : GFX Bench


(juggly.cn)記事関連リンク
Moto G2の製品パッケージ写真が流出
Open webOSをAndroid端末に移植する「LuneOS」プロジェクトが始動、第1弾は4機種のAnroid端末をサポート
IFA 2014 : Lenovo、Intelの64bitクアッドコアプロセッサを搭載した$199からの低価格Androidタブレット「Lenovo Tab S8」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP