ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

殺人事件1日50件は本当か? ヨハネスの旧黒人地区にいってみた。

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ひろゆきとガイド?さん

先日『ヨハネスブルグのガイドライン』はどこまで本当? 大使にきいてみた!  いう記事で、ヨハネスブルグの治安状況をお伝えした。

「治安の統計の数値を見ると、非常に悪い。数値に誤りはないが、その多くは黒人による旧黒人居住区での犯罪だ。殺人件数は日本の30倍ほどあり、非常に数字は悪い。黒人居住区で酒を飲み、トラブルにつながっている例が多い」

 と、南アフリカ在日本大使にうかがったのだが、実はこの黒人移住区ことソウェトに大使面会前に足を運んでいた。時系列がやや入れ替わるものの、その様子をお伝えしたい。

ソウェト

 ソウェト(SOWETO,South Western Townships)はアパルトヘイト政策によってアフリカ系黒人が強制移住させられたことでできたエリアだ。人種隔離政策が終了し、自由に住処を選べるようになった後の今でも多くの黒人が住んでいる。ソウェトは電気がきちんと来ている公共住宅的な部分と、そうした設備のととのっていないスラム部分の二つに分けられる。公共住宅的な部分は日本の団地にも似て、平和な雰囲気だ。ひろゆき・伊予柑・ひげおやじのぐだぐだ旅団はタクシーの運転手にお願いし、電気も下水もないスラム部分を歩いてみることにした

ビアガーデンのひとびと

 最初はソウェトのスーパーや町並みを散策していたのだが、ひろゆきが現地住民と話しているうちに「ビアガーデンがあるらしいんだよね」といいだし、向かった先はなぜか民家。泡がバチバチとあがり白濁した液体が満たされたバケツを出され、飲むことになった。えーっと、どうみてもビールじゃない。グビッと飲んだひろゆきは「どぶろくみたいなかんじ。僕はわりと好き」との感想。筆者も飲んだのだが、酸味のある薄いマッコリと、ビールを足して2で割ったような味がした。

ひろゆき、飲む

 その後気に入られたのか、現地の居酒屋へいった。居酒屋は先ほどのバケツと同様の味がするビール(紙パック容器入り)一種類しかメニューがない強気な店で、平日の昼間だというのに現地住人で満席。酒を飲みかわし、すっかり溶け込んで楽しい時間を過ごした。

居酒屋

「ソウェト思ったより安全。この中だけだと繁華街よりは貧富の差がないのかも」とひろゆきの弁だが、その後我々は大使に「殺人の多くは旧黒人居住区の酒場で起こる」という台詞をいただくのであった……。大使、誠に申し訳ありません。無事でよかった。

なお、南アフリカで最も近づいてはいけないといわれるダウンタウン、そして世界最恐のビル『ポンテタワー』を取材した様子の放送が行われる。こちらもぜひチェックだ!
ひろゆきと行く! ヨハネスブルグ&ジンバブエの旅 ポンテタワー&ダウン タウン編 – ニコニコ生放送
2010/06/27(日) 開場:20:50 開演:21:00
 
執筆:伊予柑([NKH]ニコ生企画放送局)
 

■最近の注目記事
『ヨハネスブルグのガイドライン』はどこまで本当? 大使にきいてみた!
ヨハネスブルグから無事生還したひろゆき達が本日20時から生放送! 現地で「吹 っ 切 れ た」
南アフリカに行ったひろゆき氏! 犯罪や流血など予期せぬトラブル続き
ドイツで初対面の人に「泊めてください」ニコニコ生放送をした男 / 報告ファイル1
人気ニコ生『暗黒放送』が運営により削除! その削除基準は?

伊予柑の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。