ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新田恵利、永尾まりや、森田涼花、穐田和恵、平松可奈子が舞台『結婚の偏差値』で共演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年1月に大好評にて閉幕した舞台『結婚の偏差値』が、スピンオフ版『読モの掟!』を経て、「劇団マツモトカズミ」の第4回公演『結婚の偏差値II DEAD OR LIVE』として上演が決定。今年2月に新宿村スタジオにオープンした『新宿村LIVE』で9月10日(水)から公演がスタートする。

新メンバーにて2週間20公演のロングランとなる『結婚の偏差値II』には、元おニャン子クラブの新田恵利が主演し、演劇に初挑戦。さらにアップカミングガールズのセンターとして活躍するAKB48チームKの永尾まりやを筆頭に、森田涼花(元アイドリング)、穐田和恵(元SDN48)、平松可奈子(元SKE48)、人気グラビアアイドル小池唯、椿姫彩奈、そして約6000名の中から選ばれたトップモデル8名によるユニット、モデルガールズから尾花貴絵など、豪華なキャストがズラリ揃う。

この“おニャン子・AKB48・SDN48・SKE48・アイドリングによる夢の競演”はもちろん、王様のブランチリポーターの太田希望、若者に絶大な人気を誇る“あきぽよ”こと石川晶子など、バラエティ豊かな女優たちも集結。また、注目のイケメン俳優・聖也らがしっかりと脇を固め、しかも“お嫁さんにしたい芸人No,1″のおかもとまりが劇団プロデュースのアシスタントを務めるなど、舞台裏の話題性も十分。しかも本編真っ最中に観客がステージ上の出演者を自身のカメラで撮影出来る撮影タイムがあるほか、なんとラストには出演者全員の“ウエディングドレス姿”が拝めるという、まさに至れり尽くせりのサービスぶりだ。

演出・脚本は主宰の松本和巳と、映画『感染列島』『余命1ヵ月の花嫁』などを手がける松田環の再タッグ。さらに、PIPELINE PROJECTが音楽を担当し、隅々まで抜かりのない舞台となっている。

回を重ねるごとにスケールアップを続ける「劇団マツモトカズミ」による、“笑いあり、涙あり、サスペンスもあり…!”な『結婚の偏差値II DEAD OR LIVE』は、演劇ファンやアイドルファンならずとも要チェックだ。

劇団マツモトカズミ 第4回公演『結婚の偏差値II DEAD OR LIVE』
日時:2014年9月10日(水)~9月23日(火)
会場:新宿村LIVE(新宿)

■スケジュール
9月10日 19:00 椿姫+永尾+A
9月11日 19:00 椿姫+小池+B
9月12日 14:00 太田+永尾+B & AT 
/ 19:00 椿姫+永尾+A
9月13日 13:00 太田+小池+A & AT 
/ 18:00 太田+小池+B
9月14日 13:00 太田+永尾+B & AT 
/ 18:00 太田+永尾+A
9月15日 13:00 椿姫+小池+A & AT 
/ 18:00 椿姫+小池+B
9月16日 19:00 太田+小池+A
9月17日 19:00 椿姫+小池+B
9月18日 14:00 椿姫+永尾+A & AT 
/ 19:00 椿姫+永尾+A
9月19日 19:00 椿姫+永尾+B
9月20日 13:00 太田+小池+B & AT 
/ 18:00 椿姫+小池+A
9月21日 13:00 太田+永尾+A & AT 
/ 18:00 太田+永尾+B
9月22日 19:00 太田+永尾+B
9月23日 12:00 太田+小池+B & AT 
/ 16:00 椿姫+小池+A

Aチーム
新田恵利、森田涼花、聖也、尾花貴絵、守永真彩、民本しょうこ、秦ありさ、梶沼萌花、石川晶子、青山あみ、寒川彩奈、田代結香、桑名里瑛、鈴木りんだ、國井亜里沙、戸田悠太、ナカムラアツシ

Bチーム
新田恵利、森田涼花、聖也、穐田和恵、滝口はるな、民本しょうこ、菅由彩子、平松可奈子、ADなぎさ、朝倉ゆり、亀井理那、今藤ひな、早津愛香、山本真夢、嶋田有紀子、戸田悠太、ナカムラアツシ

※椿姫彩菜、永尾まりや、太田希望、小池唯の出演日はご注意下さい
※12日14:00の回は穐田和恵ではなく、尾花貴絵が出演します
※13日13:00の回は平松可奈子・石川晶子・鈴木りんだではなく、寒川彩菜、朝倉ゆり、山本真夢が出演します
※13日、14日、15日、20日、21日は鈴木りんだではなく、山本真夢が出演します
※ATはアフタートーク有りの回です

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
劇団マツモトカズミ公式サイト
まだ間に合う! 夏フェスで聴けるかもしれない意外な5曲

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP