ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android WearのAndroid用アプリがv1.0.1.1379611 にアップデート、バグレポート機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android Wear のスマートフォンアプリを v1.0.1.1379611 にアップデートしました。今回のアップデートでは、目立つ変更は行われていませんが、「ウェアラブルバグの送信」というバグレポート機能が実装されました。この機能は、スマートウォッチ本体やアプリ使用中に問題が発生した際に、その提供元(メーカー、アプリベンダー、Google)にその時の画面の表示内容(スクリーンショット)とシステムログをメールで送信できるというものです。特にログは問題解決の重要な手がかりになるので、提供元にとっては役立つ機能になります。機能を利用するには、アプリの画面右上で「ウェアラブルバグの送信」をタップ。すると、Android Waerの画面にバグレポートカードが表示されるので、それを開いて情報収集を実行し、「端末で開く」をタップしてスマートフォンのメールアプリを起動します。宛先に提供元のサポート窓口などのメールアドレスを入力して送信します。このほか、リリースからあったにも関わらず機能しなかった「タクシーを呼ぶ」セクションがこのバージョンで削除されました。「Android Wear」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
レストラン予約サイト「OpenTable」のAndroidアプリにUberのハイヤーを呼んでレストランに行ける新機能「Uberリクエスト」が追加
Sony Mobile、Xperia Z3やXperia Z3 Tablet Compactなどのティザー動画を公開、一部にセクシーなシーンもあり
いいよねっと、AndroidベースのGarmin製カーナビ「nuvi3595」を9月15日に発売、Google Playや「みちびき」、ワンセグにも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP