体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポカリ×美女×DJ=最高の夏! 渋谷を沸かせたポカリ音楽祭をレポート

ポカリ×美女×DJ=最高の夏! 渋谷を沸かせたポカリ音楽祭をレポート

「POCARI JOCKEY: THIRSTY FOR BEATS.」/左からLicaxxxさん、PARKGOLFさん、Metomeさん、Madeggさん、Qrionさん
連日のように30度を超える灼熱の日々が続くここ東京。

外を歩けば、あまりの暑さに至る所で汗がほとばしる中、8月21日、東京・渋谷パルコPART1にそびえ立つソーシャルTV局・2.5Dでは、夏定番の飲料水・ポカリスエットがリリースしたスマホサイト「インスタントDJキット POCARI JOCKEY」の記念無料イベント「POCARI JOCKEY: THIRSTY FOR BEATS.」が行われました。

「POCARI JOCKEY」は、スマートフォンとポカリを使うだけで手軽に“光と音のDJプレイ”が体験できる、ポカリスエットがこの夏提供する新たなサービス。

イベントでは、来場者全員にポカリスエットを配布するほか、「POCARI JOCKEY」のためにオリジナル楽曲を提供した、PARKGOLFさんやMetomeさん、Madeggさん、Qrionさん、Licaxxxさんといった、2.5Dが選んだ気鋭の5人のトラックメイカーたちがスペシャルDJを披露!

今回はそんな「POCARI JOCKEY: THIRSTY FOR BEATS.」へ行ってきたので、写真たっぷりでレポートしていきますっ!!!

会場にはたくさんのポカリが!

平日の20時開始ということもあり、19時を過ぎた頃から若い人や会社帰りの人たちがぞろぞろと集まり始めました。

「POCARI JOCKEY」

会場には来場者に配布するために用意した、なんと300本ものポカリスエットと、「POCARI JOCKEY」オリジナル仕様のターンテーブルが設置されていて、DJならぬPJの体験が可能に! 

そのサウンドには後光が差していた

トップバッターを務めたのは、高校時代に2枚連続でリリースしたEPで注目を集める現在19歳のQrionさん! 普段は札幌を拠点に活動しています。

ターンテーブルの上にあるポカリスエットを飲み、蓋を閉めるとDJがスタート! 癒されるような心地よいサウンドが響く一方で、重低音のアンビエントが鳴り響くと早速フロアからの視線を釘付けに。どんな人がこんなトラックを流しているのか一目見ようと、前方に人が押し寄せていました。

「POCARI JOCKEY」

後半はキーボードでも音を奏でながら、さらにオーディエンスを独自の世界へと引き込んでいきます。

「POCARI JOCKEY」

ちなみに今回のイベントの全アーティストのVJは、GraphersRockさんが務めていました。ポカリとアーティスト、双方の魅力を混ぜ合わせた多種多様な映像がなくては成立しない程、VJは重要な役割を担っていました。

1 2 3次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy