ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初心者は必見! 桂茶がまさんが『デイリーよしもと』動画で株指南(ローソク足編)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

rosoku

落語家・俳優……そして株の投資家として注目を浴びる桂茶がまさん。

そんな彼が8月24日配信分の芸人動画ニュースサイト『デイリーよしもと』(http://daily.ynn.jp)に出演し、初心者向けに株式投資で用いられるローソク足の読み方について解説している。

桂茶がまの株指南 ローソク足編
https://www.youtube.com/watch?v=I9BXjEC6vf0#t=151

「陰線が出ているからと言って長い視野では株価が下落しているわけではない」と語る茶がまさん。

ローソク足は、始値に対し終値が安かった場合に描かれる”陰線”と、始値に対して終値が高かった場合に描かれる”陽線”からなる日本独自の株価変動チャート。一度覚えれば株のトレンドが一目瞭然に把握できるので、株初心者としてはぜひとも身につけたい基礎知識だ。

ガジェット通信ではこれまでにもデイリーよしもとの桂茶がま株指南シリーズから『銘柄選定編』、『株価変動編』、『株価収益率編』を取り上げてきたが、彼の解説は”まったく株を知らない人”に向けて基礎知識を平易な言葉でなされており、非常にとっつきやすい。「これから株を始めたい」という方にはうってつけなので、ぜひ過去の記事もチェックしていただきたい。

『デイリーよしもと・桂茶がまの株指南 ローソク足編』
http://daily.ynn.jp/detail.html?page=&p=d819048fd7801e1dad5669d08119bc65

桂茶がまの株式ブログ – Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/chagama_blog

※画像は『YouTube』から引用しました

中将タカノリの記事一覧をみる ▶

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。