ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歩歩高(BBK)、ヤマハ製DSPを搭載した薄型Androidスマートフォン「Vivo X5」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Hi-Fi オーティオ対応機種の多い中国 歩歩高(BBK)が、ヤマハのデジタルシグナルプロセッサを搭載した新型スマートフォン「Vivo X5」を正式に発表しました。Vivo X5は、厚さ 6.3mm の薄型ボディに、5 インチ 1,280×720 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイ、MediaTek MT6592 1.7GHz オクタコアプロセッサを搭載した LTE 対応スマートフォン。直接的には昨年発売された「Vivo X3」の後継になります。この機種の特徴は、ヤマハのデジタルシグナルプロセッサ「YSS205X-CZE2」やステレオ 24 ビット / 192kHz DAC「CS4398」)のカスタム版、オーディオアンプ「MAX97220」を搭載するなど音響周りのハイスペックさ。メモリは 2GB RAM と 16GB ROM (Micro SD 対応)を搭載。カメラは背面に 1,300 万画素(F/2.0)と前面に 500 万画素を搭載。薄型モデルですが、バッテリー容量は 2,250mAh と Nexus 5 並みです。OS は Android 4.4 (KitKat)。Vivo X5 は、GSM / TD-SCDMA / TD-LTEに対応しており、8 月 28 日に発売される予定です。価格はまだ公開されていません。Source : Weibo(Vivo Mobile)


(juggly.cn)記事関連リンク
Googleが「ニュースと天気」アプリをv2.0にバージョンアップ、Google Playストアで配信開始
Xperia Z3の細部がクリアに写った分解写真が流出、バッテリー容量は3,100mAh
Instagram、タイムラプス映像を撮影できる新カメラアプリ「Hyperlapse」をリリース、Androidは未対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP