体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小学生100人がバナナに絵を描いた“バナナート”アニメがスゴい 喜ぶ子供たちの姿にほっこり

小学生100人がバナナに絵を描いた“バナナート”アニメがスゴい 喜ぶ子供たちの姿にほっこり

『チキータバナナ』で知られるユニフルーティー ジャパンは、8月7日の“バナナの日”を記念して、バナナの皮に押しピンで絵を描く“バナナート”を使ったアニメーションを制作。制作風景を交えた動画を公開しました。“バナナート”の制作に参加したのは、約100人の小学生。子供たちが楽しそうに絵を描き、完成した映像に歓喜する姿にほっこりする、素敵な内容の動画になっています。

制作過程を紹介

“バナナート”は、バナナの皮に傷がつくと黒くなる現象を利用して、押しピンの点描で絵を描いていくアート作品。冒頭でその制作の過程がサラリと紹介されますが、ピンでチマチマ点を打っていくのはけっこう大変そう……。

大量のバナナ

夏休み中の8月7日、小学校に大量のバナナが搬入されます。その数なんと約1500本!

制作風景

教室では“バナナーティスト”のエンドケイプ氏による指導のもと、子供たちが“バナナート”の制作を開始。トレーシングペーパーに描かれた下絵に沿って、ピンで点描していきます。

制作風景

みんな真剣だけど楽しそう。自分が描いた絵がどんな作品に仕上がるのか、ワクワクしているのかもしれませんね。

バナナート完成!

下絵どおりに点を打ったら完成!

バナナをぶら下げる けっこうな長さ

絵を描いたバナナを、廊下に用意したレールにぶら下げていきます。レールは複数の教室をまたぐ、けっこうな長さ。

コマ撮り レールで移動して撮影

子供たちが1本1本、バナナを外してていきながら絵をコマ撮りしたり、絵が描かれた面を並べてレールで移動するカメラで撮影すると、絵が動き出すアニメーションになるというわけです。

1 2 3次のページ
エンタメ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。