ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「バカッター」ドメインがヤフオクに出品? 価格は6万7千円から!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


現在の「bakatter.com」の様子
リテラシーの低い言動を晒すようなツイートをする人や、その一連の様子を指す蔑称「バカッター」。

流行語大賞にノミネートされた2013年は、特に炎上ツイートが多い1年だったが、いまなおTwitterには問題発言が相次ぎ、その度にネット上を賑わせている。

そんなバカッターのドメイン「bakatter.com」が、ネットオークションサイト・ヤフオク! に出品されている。

オークションの終了は8月23日(土)20時53分。最低価格67,000円からのスタートとなっている。

現在の「bakatter.com」の様子

では、現在の「bakatter.com」はどうなっているかと言うと、葛飾区のハンバーガー店「立石バーガー」の公式ホームページとして運用されている。

立石バーガーは、店頭に設置された「自動販売機」で一躍その名を轟かせた話題店。100円を入れると、奥から店主が手動でリールを回してハンバーガーを出口に落とす、という手動の自動販売機の仕組みが注目された。

公式ホームページでは、自動販売機をはじめ、店内の様子・メニューの紹介や、Googleストリートビューのシステムを応用した「店長を探せ!」のコーナー、「金儲け用のブログ」と題した模型ブログなど、ユニークなコンテンツを公開している。

何より、いたるところに配置されている店主・濱野敏晴さんの愉快な姿によって、より怪しげな雰囲気が強調されている。

関連記事

「バカッター」がドメイン取得されていた! 取得したのは有名ハンバーガー店

冷やかしも大歓迎

「bakatter.com」ドメイン出品者によれば、譲渡するのはあくまでドメインのみであり、この「立石バーガー」の公式ホームページの今後については明かされていない。

また、「とても覚えやすいドメインなので、いろいろと使い道があると思います。」と述べており、質問・冷やかしも大歓迎とのこと。

ただし、出品者が「立石バーガー」関係者なのかは定かではないが、「立石バーガー」は、ハンバーガーのネーミングライツや1日経営権などを販売してきたという過去もあるため、本物である可能性も否めない。

なお、記事を書いている22日15時現在で、入札者はまだ現れていない。

引用元

「バカッター」ドメインがヤフオクに出品? 価格は6万7千円から!

関連記事

SEKAI NO OWARI・Fukaseがきゃりーぱみゅぱみゅとの交際を告白
『ハイスコアガール』問題で浮き彫りになった、著作権の理解度の低さ
LINE乗っ取り犯を撃退! テニプリ跡部様、Free!橘真琴の高度すぎる会話術

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP