ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年Q2にアジアで音声通話機能付きタブレットが急成長

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音声通話機能を備えたタブレット端末が、アジア太平洋地域(日本を除く)で今、急成長を遂げていると、調査会社の IDC が 2014 年 Q2 (4 月 ~ 6 月)の出荷台数の分析結果を基に述べました。IDC の調査対象となったタブレットとは画面サイズ 7 インチ以上の端末です。公開されたデータによると、この期間のアジアでのタブレット総出荷台数は 1,380 万台で、このうち、25% となる 350 万台が音声通話機能付きモデルでした。上図のグラフからも分かるように、音声通話機能付きモデルは 2013 年 Q2 ~ 2014 年 Q1 までは四半期ベースでは横ばいだったものの、2014 年 Q2 は出荷台数・シェア共に急激に増えています。前年同期比では 60% 増です。このことについて同社のアナリストは、音声通話機能を備えた機種が今年になって増えたこと、新興市場では例えば 7 インチ端末でも 1 台で全てのことをこなせる端末の需要が高いこと、比較的安い価格の機種が多いことを要因として挙げています。Source : IDC


(juggly.cn)記事関連リンク
Android版Google検索アプリで音声検索用の言語を最大5つ登録可能に
Galaxy Note 4はSony製イメージセンサーを採用、タッチセンサー式のシャッターボタンや自分撮りのための様々な新機能を追加
SNKプレイモア、KOF20周年を記念してGoogle Playストアのゲームアプリを100円で販売するキャンペーンを開始、8月26日まで

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP