ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ライブドア社員の実話を書籍化】社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2006年に発生したライブドアショック。証取法違反容疑で逮捕された堀江貴文氏が、会社を去った年でもある。いま現在も「ホリエモンは正しかった」「逮捕は間違っている」という声が出ており、根強い支持を得ている堀江氏。

だが、ライブドアショックは残されたスタッフ達にも大きな波紋を呼び、重くのしかかった。だが、そこにあったのは不安だけではない。「前に進むしかない」という希望と可能性を信じ、LINE株式会社となった今も、その精神は受け継がれているのだ。

当時の出来事を実体験として書きあげた本『社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話』(宝島社)が、2014年8月20日に発売された。当時ライブドア社員だった著者・小林佳徳氏は、実体験をもとに当時の状況や心境を細かく執筆している。

【本の説明】
「あのライブドア事件から約9年。現LINE株式会社に吸収された今も、元ライブドア社員の多くは「ホリエモンの意志」を継承し、IT業界の各方面で活躍をしています。そしてついに2014年秋、LINEが全盛期のライブドアを上回る“時価総額1兆円”上場を達成する見込みです。元社員らを動かす「ライブドアのDNA」とはいったいどんなものなのか? 一社員だからこそ書けた事件当時のリアルな心情、事件後の奮闘記、そこから見える「働く」ということ――」

どうやってあの場を乗り越えたのか? 堀江氏が去ったライブドアはどんな雰囲気だったのか? そして一人のスタッフとして、人間として、この騒動をどのように感じていたのか? 実話を書籍化したこの本で、今まで知られなかった「事実の断片」を知る事ができるはずだ。

堀江氏の書籍『刑務所なう』(文藝春秋)と一緒に読めば、より深く、スタッフと元社長の心情や状況を知る事が出来るかもしれない。

参考 社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP