ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、半分に折れ曲がるフレキシブルディスプレイを搭載したスマートフォンの特許を出願

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が米国特許商標庁に対し、半分に折れ曲がるフレキシブルディスプレイを搭載したスマートフォンのデザイン特許を出願していたことが判明しました。特許は将来のスマートフォンのために出願したものでしょうから、すぐにこのような製品がリリースされるとは考えにくいのですが、公開された画像などから Samsung がフレキシブルディスプレイを搭載したスマートフォンにどのような機能性を持たせようとしているのかを少し把握することができます。画像によると、半分に折れ曲がると言っても両面がピッタリと張り合わさるまで曲がることはなく、軸を中心隙間が出来ています。実用例は、90 度に曲げて自立させ、ノート PC のように文字を入力すること、半分に折り曲げて倒立させて起き、据え置き型のアラーム時計のようにすること、本体を緩やかにカーブさせ横置きする使い方です。フレキシブルディスプレイは柔軟性を持ち、また、その構造上、従来製品よりも頑丈です。まだこの種のディスプレイを採用したスマートフォンは少ないのですが、次世代ディスプレイなので今後は流行ってくると思います。Source : Patently Mobile


(juggly.cn)記事関連リンク
Ignore No More : 親からの電話に出ないとスマートフォンがリモートロックされる“おしおき”アプリ、米国の主婦が発案
「noPhone」は色んな意味で最も安全なモバイルデバイス
XDA Developersに「AQUOS Crystal」のフォーラムが新設される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP