ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フォーカルポイント、ランニングフォームも測定できるチェストベルトタイプの心拍センサー「Wahoo Fitness TICKR Run」を国内発売、Androidでも利用可能です

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フォーカルポイントは 8 月 19 日、ランニングフォームも測定できる Bluetooth v4.0 ・ ANT+ 対応のチェストベルト型心拍センサー「Wahoo Fitness TICKR Run モーションセンサー内蔵心拍計」の国内発売を発表しました。Wahoo Fitness TICKR Run は、3 軸加速度センサーを内蔵した胸部に巻きつけるタイプの心拍センサー。ワイヤレス通信では Bluetooth v4.0 と ANT+ に対応しており、本体は IPX7 の防水仕様となっています。トレーニング中は心拍数を測定するだけではなく、加速度センサーを利用してトレッドミルでの速度や距離、歩数(平均歩数、最大歩数、平均接地時間、振動)、ランニングフォーム(左右の脚のパワーバランスなど)も計測し、アプリを通じて確認できます。アプリは Android 版とiPhone 版が対応します。全データは「Wahoo Fitness」アプリでしか閲覧できませんが、心拍数は「RunKeeper」、「Strava」、「MapMyFitness」、「Cyclemeter」、「Runmeter」といったサードパーティのフィットネスアプリでも閲覧できます。Wahoo Fitness Tricker Run の発売時期は 9 月中旬で、現在は同社の直販サイトでは予約受付が行われています。価格は 10,000 円+税です。Source : フォーカルポイント


(juggly.cn)記事関連リンク
Ignore No More : 親からの電話に出ないとスマートフォンがリモートロックされる“おしおき”アプリ、米国の主婦が発案
「noPhone」は色んな意味で最も安全なモバイルデバイス
XDA Developersに「AQUOS Crystal」のフォーラムが新設される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP