ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorola XT1254はWQHDディスプレイ・Snapdragon 805を搭載した「Droid Turbo」?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola は「Moto X+1」や「Moto G2」といったグローバル向けの新機種と並行して、「Droid Turbo」と呼ばれる米 Verizon 向けのハイスペックスマートフォンも開発しているようです。海外の WEB サイト Android Authority でそれとされる「XT1254」の CPU-Z 画面が公開されました。XT1254 は未発表のMotorola型番なのですが、8 月 1 日付けで Bluetooth SIG の認証を取得しており、実在することは確実です。画像によると、この機種には ”quark_verizon” のコードネームが付与されています。画像から読み取れる XT1254 のスペック情報は次の通り。Android 4.4.42,560×1,440ピクセルのディスプレイSnapdragon 805 APQ8084 2.65GHzクアッドコア(Adreno 420)3GB RAM、32GB ROMまた、同サイトによると、リアカメラは 2,000 万画素、フロントカメラは 200 万画素とのことです。画像によると、この端末は root 化されていないので、Build.prop を編集するような偽装は行われていないと考えられます。実機で撮影された可能性は高そうです。Source : Andorid Authority


(juggly.cn)記事関連リンク
Lenovoもアクティビティトラッカーを開発中。「Lenovo Smartband SW-B100」は光学式心拍センサーを内蔵
韓国 : 後ろポケットに入れておいたGalaxy S 5の純正バッテリーが爆発する事故が発生(更新:Samsungが見解を発表)
KDDI、「HTC J butterfly HTL23」を8月29日に発売、明日より先行展示を実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP