ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国でSony PSP / PS Vitaを模倣したAndroidベースのPlayStationフォンが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony の「PSP」や「PS Vita」のデザインを真似た Android ベースのポータブルゲーム機はこれまでに数多く目にしてきましたが、遂にそのスマートフォン版が登場しました。中国版 PlayStation フォンですね。その中国版 PlayStation フォンは、「78 点 P01(70points P01)」と「摩奇 W1(Much W1)」です。両機種は、仕様が共通しているので、同じOEMの製品とみられます。筐体デザインは、PSP や PS Vita のように端末の両端に十字キーやジョイスティック、スタート・セレクトボタン、LR ボタンを備えるなど、既存のクローンゲーム機に似ていますが、スマートフォンとしての利用も想定してのことなのか、ベゼルはやや細く仕上げられています。基本スペックは、5 インチ 1,280×720 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイ、MediaTek MT6592 1.7GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM(Micro SD 最大 64GB)、背面に 80 0万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、3,000mAh バッテリーを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GPS/A-GPS、GSM/WCDMA(デュアル SIM 対応)。筐体サイズは 176mm x 73.5mm x 13.25mm、質量は 155gです。スペック的にはハイエンドの中華フォンといった感じです。ゲームはAndroidアプリに加え、各ゲーム機のエミュレーター(MAME / PSP / Dreamcast / NDS / GBA / NES / SNES / N64・・・)が提供されます。PlayStation フォンの価格は 1,999 元(約 33,500 円)で、P01の方は 8 月 20 日に発売される予定です。Source : JD.comSnail MobileEngadget


(juggly.cn)記事関連リンク
LG、LG G3のカメラUXやスマートキーボードを今後の普及型モデルにも提供
NTTドコモ、「Xperia A2 SO-04F」のソフトウェアアップデートを開始、通話が途切れる現象に対処
オクタコアプロセッサを搭載した未発表のHuaweiスマートフォン「Huawei Z100-CL00(Ascend G7?)」の実物写真

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP