ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニメ「メカクシティアクターズ」ライヴイベント2daysにファン4000人が熱狂!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年4月から放送スタートし、大好評の中6月に終了したアニメ「メカクシティアクターズ」。このアニメのスペシャルライヴイベントが8月14日と15日の両日、東京・渋谷公会堂にて開催された。

アニメ「メカクシティアクターズ」は、音楽家・小説家の顔を持つマルチクリエイターじんが描くストーリー性の高いメディアミックスプロジェクト、「カゲロウプロジェクト」の一環。なお、開催日である8月14日、15日は「カゲロウプロジェクト」の舞台となるファンにとって非常に意味合いの強い重要な日でもある。

もちろんカゲプロファンの間では、その日に何かが起こる事はある程度は予想がされていたかもしれないが、このイベント開催が発表されたのは僅か2ヶ月前。にも関わらず2日間ともに超満員ソールドアウトとなり、合計4000人のカゲプロファンが来場し、全18曲のライヴイベントに熱狂した。この事からも現在のカゲロウプロジェクトの人気っぷりが伝わってくる。プラチナチケットとなった今回の公演は、じんのオフィシャルファンクラブ「Delusion Clips」の会員、アニメ「メカクシティアクターズ」のBlu-ray&DVDの購入者および幸運にも一般発売でチケットを手にする事ができたユーザーがおとずれた。

イベントは、新規アニメーションを書き下ろしたオープニング映像が流れ、いよいよライヴスタート。じん率いるバンドに、名だたるボーカリスト達、メイリア from GARNIDELiA、LiSA、春奈るな、ヨシダタクミ(phatmans after school)、奥井亜紀、田口囁一(感傷ベクトル)、ナノウ、松山晃太(BYEE the ROUND)、Liaが次々とステージに登場し、アニメ「メカクシティアクターズ」の主題歌や劇中歌などで流れていた楽曲を披露していった。

ライヴ終盤までは一切MCが入らない演出であったが、じんから最後の曲前に、「すごい楽しかったです。ありがとう! 今年の夏はいい夏だったなと。この先もメカクシ団は大騒ぎしたいと思っています。また一緒に遊びましょう!」とコメント。集まったファンも、じん本人も非常に楽しむことができたイベントになったようだ。そしてラストはじん本人が自ら「サマータイムレコード」を歌い上げ、ライヴが終了。カゲプロファンにとって、今年一番熱い夏の日、そしていい夏になったことだろう。

photo by Kobayashi TAXI

(c) KAGEROU PROJECT/1st PLACE
(c) じん/1st PLACE・メカクシ団アニメ製作部

【セットリスト】※8月14日・15日共通
M01. チルドレンレコード / じん & メイリア from GARNiDELiA
M02. daze / メイリア from GARNiDELiA
M03. 夜咄ディセイブ / メイリア from GARNiDELiA & LiSA
M04. ヘッドフォンアクター / LiSA
M05. 夕景イエスタデイ / LiSA
M06. 如月アテンション / 春奈るな
M07. 空想フォレスト / ヨシダタクミ(phatmans after school)
M08. アヤノの幸福理論 / 奥井亜紀
M09. シニガミレコード / 奥井亜紀
M10. カゲロウデイズ / 田口囁一(感傷ベクトル)
M11. メカクシコード / エネ
M12. アウターサイエンス / ナノウ
M13. コノハの世界事情 / ナノウ
M14. ロスタイムメモリー / 松山晃太(BYEE the ROUND)
M15. マリーの架空世界 / Lia & Maya
M16. days / Lia
M17. オツキミリサイタル / 春奈るな
M18. サマータイムレコード / じん

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
メカクシ団作戦本部 オフィシャルHP
じん オフィシャルHP

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP