ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GFX Benchにも“Google Shamu”が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Antutu に引き続き、GFX Bench の公式サイトでも“Google Shamu”のベンチマークスコアやシステム情報が公開されました。GFX Bench にも Antutu とほぼ同じ内容のスペック情報が記されていました。同一人物がテストを実施した可能性が高そうです。GFX Bench によると、“Gogle Shamu”は Android L、5.2 インチ 2,560×1,440 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 805 2649MHz(Adreno 420 GPU)、2.9GB RAM、24GB ROM、背面に 1,200 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラを搭載しています。今回の情報では、内蔵ストレージの容量が32GBであることが判明しました。ベンチマークスコアは GFX Bench 3.0 の Manhattan テストで 11.5fps。これは OPPO Find 7a 以上、HTC One M8 以下という水準になります。ランキングトップになるほどではない模様。WQHD ディスプレイを搭載しているので、解像度が足を引っ張ったものと考えられます。

Source : GFX Bench


(juggly.cn)記事関連リンク
ASUSのスマートウォッチはIFA 2014で発表される見込み
Skype、Android 2.2以下でアプリのサポートを打ち切り
Wear Interval Timer : Android Wearがインターバルトレーニングや反復トレーニングのタイマーになるAndroidアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。