ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東芝、1回の充電で2週間は使えるリストバンド型活動量計「WERAM1100」を発表、本日より予約受付を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東芝は 8 月 11 日、2 週間充電しなくても利用できるとされるリストバンド型活動量計「WERAM1100」を発表しました。価格はオープン。本日より Amazon.co.jp と Yahoo!ショッピングで予約受付が行われます。発売日は 8  月20 日です。WERAM1100 は、本体内蔵の加速度センサーによりユーザーの行動(歩数、移動距離、消費カロリーなど)と睡眠(睡眠時間、睡眠サイクル)を測定し、スマートフォンにBluetooth通信でデータを転送するリストバンド活動量計です。特徴と言えるのは、最大 2 週間のバッテリー駆動時間、日中モードと睡眠モードの自動切り替え、日々の食事を記録できるところです。一般的なリストバンド活動量計のバッテリー駆動時間は 4 ~ 10 日なのですが、WEARM1100 はそれを上回っています。これはバッテリー容量を増やしたというよりも内部設計をチューニングして消費電力を削減したことによるものと説明されています。また、睡眠時間を測定するにはボタン操作でモードを切り替える製品が多いのですが、WEARM1100 では独自のアルゴリズムでユーザーの起床中・睡眠中を自動判別します。WEARM1100 には専用アプリが提供される予定なのですが、アプリでは行動・睡眠データを閲覧できるだけではなく、食事データも記録できるので、消費カロリーの収支計算にも使えそうです。ダイエッターには嬉しい機能ですね。このほか、目標設定機能、アラーム機能、バイブレーション機能も備えており、設定した目標に達すると振動で知らせるほか、設定したアラームの時刻に振動で起こしてくれます。WEAM1100 の質量は 27g。ワイヤレス通信機能は Bluetooth v3.0/v4.0 に対応。もちろん防水(IPX5 / X7)対応です。カラバリはブラック、ライトグレー、スモークピンク、ブルーグリーンの4色で、今秋には交換用リストバンドも販売されますSource : 東芝


(juggly.cn)記事関連リンク
Acer、$279のTegra K1搭載Chromebook「Acer Chromebook 13(CB5-311-T7NN)」を発表
気が利く目覚まし : 雨や電車の遅延でアラーム時刻を自動的に少し早めてくれる気の利いた目覚ましアプリ
Galaxy Alphaの新たな写真が流出。今週中に発表されるとも伝えられる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP