ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huaweiの599元スマートフォンはHonor 3C Play?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei が先日よりティザーを行っている Honor ブランドの新モデルの名称が「Honr 3C Play」になるとの情報が伝えられています。Honor 3C Play は、5インチ HD ディスプレイや 1.3GHz のクアッドコアプロセッサ(MT6582)を搭載しながらも、599 元(約 9,900 円)が標準価格の超低価格スマートフォン。既存の Honor シリーズでも、Honor 3C の799元が最安だったのですが、スペックをほぼ維持しつつ、価格をさらに下げており、今後の MediaTek プロセッサ搭載スマートフォンの価格を再定義しそうな機種と言えます。Honor 3C Play は、Android 4.2.2(Jelly Bean)、1GB RAM と 4GB ROM、背面に 800 万画素カメラなどを搭載しています。Source : iapps


(juggly.cn)記事関連リンク
Android x86プロジェクトがx86プロセッサ用の安定版Android 4.4-r1(KitKat)をリリース
Galaxy Note 4とされる端末の実物写真が流出
HPは12.5インチ1,600×1,200ピクセルのディスプレイを搭載したAndroidタブレット「HP Slate 12 Pro」を開発中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP