ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VAMPS『ドラキュラZERO』の日本版イメージソングに決定! コラボムビチケカードやグッズ展開も [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


これまで描かれることのなかったドラキュラの英雄伝説を、最新VFXを駆使し壮大なスケールで描くアクション・エンターテイメント超大作『ドラキュラZERO』が東宝東和配給にて、10月31日より公開となります。

この作品は15世紀に実在した一国の君主であり、“ドラキュラ”の起源とされた男、ヴラド・ドラキュラの物語。実在のモデルをベースに描かれるこの物語では、これまでのドラキュラのイメージを一新。VFXを駆使した今まで見たことのないスタイリッシュさを放つ、アクション・エンターテインメント超大作に仕上がっています。

そのドラキュラの物語に、国内外で人気を博すロックバンド、VAMPSの新曲「VAMPIRE’S LOVE」が日本版イメージソングとして起用されることが決定! VAMPSは、HYDE(L’Arc~en~Ciel)とK.A.Z(Oblivion Dust)の2人によって結成されたロックバンド。
VAMPSというバンド名はHYDEがかねてよりヴァンパイア(VAMPIRE)好きだったことから名づけられ、毎年豪華アーティストが参加するハロウィンライヴイベントなど、様々なパフォーマンスシーンでヴァンパイア姿を披露。

そんなヴァンパイア愛のあるVAMPSにこそ、イメージソングを歌って欲しいと配給が切望していたところ、彼らが新曲として制作を進めていた楽曲が偶然にも「VAMPIRE’S LOVE」である事が判明! 運命的な出会いとなったこの楽曲には、ヴァンパイアの切ない愛や想いが込められており、国や愛する人のため、その身を悪に捧げるヴラド・ドラキュラの姿と重なっていたことから、今回の楽曲タイアップが実現しました。

VAMPSの2人はこの新曲について「(おれたち)ヴァンパイアならではの、悲しい宿命と切なさを曲にしましたので、聴いてください。偶然にも(この曲を作っていた)このタイミングでのヴァンパイアをテーマとした映画との出会い……これは運命ではないでしょうか。」とコメント。
映画については「“ドラキュラ”という代表的なヴァンパイアの成り立ちを、ここまで掘り下げた映画はなかったような気がしていますので楽しみです。」と語り、期待を寄せています。なお、タイアップ楽曲を使用した映画予告編は近日解禁予定!


さらに、VAMPSとのコラボレーションは楽曲だけにとどまらず、なんとビジュアルタイアップも実施! その第1弾として8月8日より『ドラキュラZERO』×VAMPSコラボビジュアルムビチケカードをTOHOシネマズにて5000枚限定で販売します。
9月には別のビジュアルにてコラボムビチケカード第2弾を発売し、今後ポスターやグッズも製作予定。映画の公開に向けて、今後様々なコラボレーションを展開します。

誰も見たことのないドラキュラのはじまりを予感させる、VAMPSとの夢のコラボレーション。VAMPSの楽曲と融合した映像が楽しみです。

コラボムビチケカード情報

<第一弾>
発売開始日:8月8日(金)より全国のTOHOシネマズにて限定販売
※劇場によりお取り扱い状況が異なります。お買い求めの際は事前にご確認ください。
※VAMPS版ムビチケカード(第一弾)は5000枚限定発売です
※通常盤の映画ティザービジュアルデザインも同時発売になります。
<第二弾>
9月より発売開始予定

ムビチケHP:http://www.movieticket.jp/ [リンク]

映画『ドラキュラZERO』 2014年10月31日ロードショー

ZEROから生まれる、新たなドラキュラ伝説
最新VFXで、壮大な戦いを描くアクション・エンターテイメント超大作

15世紀に実在した一国の君主であり、“ドラキュラ”の起源とされた男、ヴラド・ドラキュラ。
横暴な大国オスマン帝国の侵略から、民衆と愛する妻、そして幼い息子を守るため、強大な闇の力と契約を交わす。
だが、それと引き換えに耐えがたい代償を払う。
果たして、恐るべき悪と化しても、なお英雄でいられるのか――?

監督:ゲイリー・ショア
出演:ルーク・エヴァンス「ワイルド・スピード EURO MISSION」「タイタンの戦い」
サラ・ガドン「コズモポリス」「危険なメソッド」、ドミニク・クーパー「リンカーン/秘密の書」「マンマ・ミーア!」
提供:ユニバーサル・ピクチャーズ/レジェンダリー・ピクチャーズ  
配給:東宝東和

映画公式サイト:
http://dracula-zero.jp/

(C)Universal Pictures

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP