ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Uberの新サービスは、相乗りでさらに金額が安くなる「UberPool」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

配車サービスのUberが、新サービス「UberPool」を発表した。

その特徴は、複数のユーザーと相乗りをすることで、更に料金が安くなるというものだ。

UberやLyftを始め、アメリカだけでもいくつかの配車サービスがあり、ヨーロッパやアジア発のものも含めるとここ1,2年でかなりの配車系のサービスが生まれてきている。

その中には、この「相乗りをすることで料金が安くなる」というコンセプトのサービスもあるので、「UberPool」の登場で今後この業界がどうなっていくのかは楽しみなところだ。

もう少し機能の説明をすると、相乗りをする対象となるユーザーは、運転ルートが同じか似通ったユーザーのみ。予約方法は通常のUberと変わらないが、他のユーザーとマッチングされた場合は相手の名前が通知される仕組みだ。

Uberによると、現在提供しているUberXでは、既に平均で40%程タクシーより安いというが、この「UberPool」を使ってマッチングされるとさらに40%程安くなるという。

現在はプライベートβ版として実験中で、今月の15日からサンフランシスコに絞ってβ版を提供する。

この結果次第で今後の展開も決まるとのことなので、非常に注目しておきたいところだ。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP