体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『るろうに剣心 京都大火編』豪華出演者がそろって登場の初日舞台挨拶レポート 佐藤健「世界を意識」

IMG_4892

シリーズ累計5800万部を超える大人気コミック『るろうに剣心』。2012年8月に待望の実写化が実現し、興収30億円を超える大ヒットを記録した前作の記憶も新しいなか、その続きとなる2部作の前編、『るろうに剣心 京都大火編』がいよいよ本日より公開となりました(後編『るろうに剣心 伝説の最期編』は9月13日より公開)。公開初日の舞台挨拶には、主要キャストである、佐藤健さん、武井咲さん、伊勢谷友介さん、青木崇高さん、神木隆之介さん、江口洋介さん、藤原竜也さんに加え、前作に続いて製作を務めた大友啓史監督が豪華勢ぞろいで登場。上映後の興奮冷めやらぬ観客を前に、撮影の舞台裏や後編の公開への意気込みなどを語りました。

_CCC1211

主人公・伝説の人斬りである緋村剣心を演じた佐藤健さんは、第一声に「(観客の)みなさん、観終わってどんな感じなの(笑)?」と、映画を観終わった感想をさっそく気にしている様子。観客が大きな拍手でそれに答えると、「後編も楽しみでしょうけど、1か月くらい間が空いちゃうので、また今回の前編を観直してもらっても大丈夫ですよ!」と、会場の笑いをさそっていました。

藤原

今作で最狂の敵を演じる、志々雄真実役の藤原竜也さんは、ほぼ全編にわたって目と口元しか見えない今回の衣装について、「トイレには行けず、耳もほぼ聞こえず、たまに気分も悪くなって、本当に大変でした。おかげで魅力ある“最狂の敵”を演じきることができましたけど」と、舞台にいる監督を横目で気にしつつ、撮影当時の苦労を振り返りました。

出演者Q&A

武井

Q:本日の紅一点、映画では神谷薫を演じました武井咲さん、劇中で屈強な男たちを演じている男性陣のみなさんのなかで、いちばん紳士的だったのはどなたですか?
武井:「紳士的……、うーん、みなさん紳士的でしたけど、青木さんはいちばん意地悪でした。撮影期間中は、いつも恐怖でした(笑)」

伊勢谷

Q:今作でもう1人の敵役、四乃森蒼紫を演じた伊勢谷友介さんは、ほかの共演者のみなさんとは現場でもやはり距離をとっていたんですか?
伊勢谷:「現場は和気あいあいとしていましたよ。だからこそ、本番では思いっきり殴り合ったりできたんだと思います。仲の良さが映像の迫力につながっているはずです」

青木

Q:兄貴肌のケンカ屋である相楽佐之助役の青木崇高さんは、(予告編でも登場する)川を棒高跳びで渡るシーンがありましたが、練習はされたんですか?
青木:「練習はほとんどせずに、ぶっつけ本番で臨みました。実はうまく成功したテイクもあったんですけど、失敗して川に落ちたNGテイクの方を本編では使用されちゃいました(笑)」

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会