ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

the pillows、トリビュートアルバムに参加したバンドと周ったツアーがファイナル!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

the pillowsの結成25周年を記念した対バンツアーのファイナルが7月26日東京・Zepp DiverCityで行われた。


今回の対バンツアーはthe pillowsの結成25周年を記念してリリースされたトリビュート・アルバム『ROCK AND SYMPATHY』に参加したバンドと開催。同ツアーでは計13組と全国8カ所を回った。出演した会場とバンドは以下の通り。

6月25日 東京 TSUTAYA O-EAST:

w/ THE BOHEMIANS、カミナリグモ

6月27日 名古屋 Zepp Nagoya

w/ 9mm Parabellum Bullet

6月29日 福岡 DRUM LOGOS

w/ ふくろうず、UNISON SQUARE GARDEN

7月11日 大阪 なんばHatch

w/ Base Ball Bear

7月13日 広島 CLUB QUATTRO

w/ WHITE ASH、シュリスペイロフ

7月18日 札幌 PENNY LANE24

w/ WEAVER、東京カランコロン

7月20日 仙台 Rensa

w/ Scars Borough、a flood of circle

7月26日 東京 Zepp DiverCity

w/ 髭

ファイナルとなるこの日のライブは、まずthe pillowsとのつきあいも古いという“髭”のステージで幕を開けたこの日のライヴは、途中ヴォーカル/ギターの須藤寿の“コーラの缶が当たらないように頑張ります”のMCとともに披露したthe pillowsの名曲「ストレンジ カメレオン」を挟み全9曲。時折挟む軽妙なMCも相まって、軽快かつ濃厚、そして変幻自在なロックンロール・ショーを展開してみせた。

そして、午後8時をまわってしばらく、いよいよthe pillowsの登場。ファンなら“全部名曲!”と断言してしまう楽曲を次々披露していく。途中、トラブルで演奏をやり直す場面もあったが、そんなハプニングすらロックの醍醐味とばかり、ねじ伏せてみせた。そして最後は今回のツアー初のWアンコール。ファンの笑顔と感動の泣き顔と、そして“ありがとう”の声が飛び交う中、全15曲をやり終えたメンバーはステージを降りた。

今回、the pillowsのヴォーカル・山中さわおがMCで“若手からチヤホヤされるツアー!”と称するほど、共演バンドとは本番前~本番中~終演後(打ち上げ?)と、バンド間の距離がさらに縮まったツアーになったようだが、そんな中、ステージ上で披露された数々のエピソードも観客には笑いを禁じ得ないものばかり。7月11日に出演したBase Ball Bearのヴォーカル/ギター・小出祐介からは、“昨夜(ライヴ前日)さわおさんから飲みに誘われたけど、作詞の締め切りを理由に断った”という笑撃の(?)事実が発表され、それを受けた山中は、“技術のある後輩に嫌がらせをしようと思ったのに!”“詞なら書いてやったのに!”というMCで返し、7月13日に出演したWHITE ASH・のび太からは“さわおさんから、the pillowsに影響を受けていると言う割に音楽性があまりにも違う、と突っ込まれている”と暴露されるなど、どの日も必笑の先輩後輩トークに花が咲いた。

また共演バンドが語るthe pillowsへのリスペクトもそれぞれが愛情あふれるもので、例えば1996年に「ストレンジ カメレオン」を聴いて以来のthe pillowsファンという、6月27日に出演の9mm Parabellum Bulletのヴォーカル/ギター・菅原卓郎は、“the pillowsの事を話しだすと俺はただのファンになるかも”、“the pillowsには「俺だけのバンド」だと思わせる何かがあるんだ”と語り、観客の共感の拍手を呼び込んだ。

各共演バンドがトリビュート・アルバムに参加した曲を演奏するのも今回のツアーの見所のひとつで、ステージではほぼ必ずその選曲の際のエピソードも披露され、こちらにも観客はおおいに沸いた。6月25日のTHE BOHEMIANSは、MCで山中からの推薦曲に逆らって自分の思い入れのある曲をセレクトしたというエピソードを披露し、その楽曲「No Substance」と山中リクエスト曲の「I know you」の2曲を披露。6月29日に出演したUNISON SQUARE GARDENは、いきなり1曲目にカヴァー「Fool on the planet」を、それも途中までは本家the pillowsのアレンジのまま演奏し、後半独自アレンジに変えるという離れわざを披露するなど、毎回思い入れや逸話にあふれたカヴァー・ソングが演奏された。

そして毎回トリを飾るthe pillowsのステージは、山中が毎回MCで“若いバンドに負けてられない”と語ったように、共演バンドが演奏したカヴァー・ソングの元曲はその日はやらず、ある時には共演バンドからのリクエストを聞いて選曲を変えるなど、全公演毎回必ず変化を加えたもので、“ヴェテラン”のひと言では片付けられない、膨大な量の気合いと熱と技でおおいに魅せてくれた。

MCで山中が“「ROCK AND SYMPATHY」を25年かけて俺達は手に入れた”と語った通り、the pillowsの音楽が25年かけて、多くのリスナーに、そしてミュージシャン仲間達に浸透してきた歴史が垣間見えるような、今回はそんなツアーだったのではないだろうか。

the pillowsは、9月17日にこの日も披露された新曲「About A Rock’n’Roll Band」をシングルとしてリリース。その後はアルバムのリリースも決定しているので、25周年も積極的な活動を見せてくれそうだ。

シングル「About A Rock’n’Roll Band」
2014年9月17日(水)発売

【CD+DVD】

AVCD-83068/B/¥1,800+税

【CD】

AVCD-83069/¥1,200+税

ライヴDVD & Blu-ray『Do You Remember the 2nd Movement?』
2014年9月17日(水)発売

【DVD】

AVBD-92134~5/¥4,900+税

【Blu-ray】

AVXD-92136/¥4,900+税

ライブ情報
『the pillows 25th Anniversary NEVER ENDING STORY “DON’T FORGET TODAY!”』

10月04日(土) 東京・TOKYO DOME CITY HALL

『Talking Rock! Fes.2014』

8月07日(木) 大阪・Zepp Namba

『『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO』』

8月16日(土) 北海道・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ

『RockDaze! 2014 AfterParty The Birthday×the pillows』

8月23日(土) 福岡・DRUM LOGOS





(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
the pillows オフィシャルHP
WHITE ASH、モード学園とのコラボによる最新アー写は“光るのび太”

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP