ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今日はステイサム兄貴47歳の誕生日! 『バトルフロント』で今度は元麻薬潜入捜査官に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


自ら破滅させた麻薬組織からの報復に、たった一人、娘と我が家を守るために立ち向かう! 主演ジェイソン・ステイサム、製作・脚本シルベスター・スタローンという、新旧のアクションスターが超豪華タッグを組むハード・クライム・アクション『バトルフロント』が、8月9日(土)より全国ロードショーとなります。

製作・脚本を務めるのは、『ロッキー』でアカデミー賞最優秀作品賞を受賞し、脚本家としての才能を世に知らしめたシルベスター・スタローン。 チャック・ローガンの小説を基に、当初はスタローン自身が主演することを念頭に企画がスタートしたというスタローンの入魂作。次第に、尊敬する若い俳優に役を譲りたいと考えた名優は、『エクスペンダブルズ2』で共演していたジェイソン・ステイサムの才能に惚れ込み、彼に脚本を託すことを決意した、男と男の絆から始まった作品です。

そして本日7月26日(土)はジェイソン・ステイサム47歳の誕生日! これまでステイサムの誕生日は諸説あったが、昨年9月にステイサム本人が公式Facebook(https://www.facebook.com/JasonStatham/posts/225196284309286)で、

「Thanks for all the Birthday messages. The real date is 26 July. Not sure why that wrong info is still out there. Thanks anyway for the kind wishes. Cheers」(誕生日メッセージどうもありがとう。でも本当の誕生日は7月26日なんだ。なんで未だに間違った情報が飛び交ってるのか分からないんだけど。ともかく、皆の気持ちに感謝するよ)

と公式にアナウンス。オフィシャルなバースデーが明らかになった後、今日が記念すべき初めての誕生日なんです。

自分の身体を張ったアクションで唯一無二の存在感を披露してきたジェイソン・ステイサムは、水泳の飛込競技の選手で元ファッションモデルという経歴の持ち主。主演最新作『バトルフロント』では元麻薬潜入捜査官を熱演しているが、ステイサムが演じる役柄には、“元”にまつわる共通点が多い。

全世界で大ヒットし、一躍トップの仲間入りを果たした人気シリーズ『トランスポーター』での元特殊部隊の運び屋を筆頭に、『リボルバー』では元囚人のギャンブラー、『デス・レース』では元レーサー、『エクスペンダブルズ』シリーズでは元SAS隊員、『キラー・エリート』では元殺し屋、『SAFE/セイフ』では元刑事の格闘家、近作『ハミングバード』では元軍曹と、いわくつきの“元”○○○役が多いことに驚かされます。

『バトルフロント』も元○○○の系譜を引き継ぐ1本。ステイサム演じる元麻薬潜入捜査官フィルは、命がけの潜入捜査で心に深い傷を負う。娘マディのために危険な仕事を辞め、死別した妻の田舎で再出発を決意する。素性を尋ねる町の保安官にさえ過去を決して明かそうとしない。だが、小さな町でトラブルに巻き込まれ、やがて自分の過去が暴かれ、娘に危険が迫る。娘との静かな時間を取り戻すために再び戦いを決意するのです。

元○○○役のオファーが絶えないステイサムが演じるキャラクターは常にワケあり。今回も元麻薬潜入捜査官を演じ、ど派手なアクションで決めてくれることは間違いなし。この夏、ステイサムのアクションで飛びきりの爽快感を感じてはいかがでしょうか?

『バトルフロント』ストーリー

娘に手を出す奴には容赦しない。
忍び寄る脅威に、男は怒れる凶器へと変貌する! 
元麻薬潜入捜査官フィル(ジェイソン・ステイサム)は、一人娘マディの為に、かつての危険な仕事も過去も忘れ、亡き妻の田舎で再出発を決意する。そんな親子に目をつけ、不穏な動きを見せる麻薬密売人ゲイター(ジェームズ・フランコ)。裏で町を牛耳る彼は、ある思惑のため親子を陥れていく。平穏な暮らしを望むフィルだったが、最愛の娘に危険がせまった時、彼の怒りはついに臨界点を超える。問答無用、容赦なしに迫りくる脅威から、たった1人、娘を守ることができるのか―?

http://battlefront.jp

(C)Homefront Productions, Inc. 2013

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。