体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

屍で紡ぐ大河浪漫! 『俺の屍を越えてゆけ2』ゲームレビュー

amarec(20140723-165252)

『俺の屍を越えてゆけ2』レビュー [レビュアー:せんとす]

amarec(20140723-170936)

RPG『俺の屍を越えてゆけ』はソニー・コンピュータエンタテインメントより1999年に発売されました。生後2年足らずで寿命を迎えてしまう”短命の呪い”、子を宿せなくなる”種絶の呪い”の2つの呪いを朱点童子にかけられた幼子が神々の力を借りて世代を重ね、やがて朱点童子を打倒して呪いを解く、という独創的なシステムがゲーマーの心を掴み、数多くの熱狂的なファンを生みました。それから15年の時を経て、正当な続編である『俺の屍を越えてゆけ2(以下、俺屍2)』が遂に2014年7月17日に発売されました。前作のシステムはそのままにグラフィックの進化やボリュームの増加、新キャラや新職業など多数、新要素が追加されています。

血統を綴る大河ストーリー!

amarec(20140724-084343)

個人の英雄を描いた物語は多数ありますが、一族や血統についてを主とした作品はあまり例がなく、それが俺屍シリーズの最大の特徴となっています。引き継がれる思想や技術という発想は前作発売当時のプレイヤーにも様々な影響を与えたと思われますが新規プレイヤーは勿論、前作ファンが15年後に『俺屍2』をプレイをする事で改めて考えさせられる事もあるのではないでしょうか。大げさかもしれませんが生まれてきた意味やこれから何を成すべきなのかなど、自分の人生を振り返るきっかけになるかもしれません。こう書いているという事は正に私がそうだったのですが、関東に少ない苗字だったりするのは色々あったのかなぁ……しみじみ、と感慨に耽ってしまったりもしました。

コーチングコーちん!

amarec(20140723-172341)

『俺屍2』は一族を育て、街を育てるゲームです。自分の思い通りに育成できるのは楽しいのですが、数値や項目が多く、また迷宮には時間制限があるので最初は戸惑うかもしれません。そんな時に役立ってくれるのがプレイヤーのコーチ役、その名もイタチの”コーちん”。

amarec(20140723-174734)

冒頭はコーちんに全て任せれば全て自動で設定してくれます。そして用語やその為の知識などを与えてくれるのでとても重宝します。口調は軽いですが超重要なキャラクターですね。

神々との交わり!

amarec(20140723-180654)

種絶の呪いをかけられたプレイヤー一族は子を残せなくなってしまいますが、神様と”交神の儀”を行う事で子孫を誕生させる事ができます。ただし、その為に”奉納点”を捧げねばならず、それは能力の高い神様ほど高い値が必要になります。奉納点は迷宮で鬼を討伐して集めます。鬼からは”戦勝点”や戦利品も手に入るのでそれらで一族や街を育成していくサイクルとなっています。

1 2次のページ
せんとすの記事一覧をみる

記者:

ゲーム系のレビュー記事などを書かせて頂いております。宜しくお願いいたします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。