ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ふわふわ氷に黒蜜とフルーツが! 『スイーツフォレスト』からアジアンスイーツ“台湾かき氷”が登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今夏もっとも食べたいスイーツといえば、“かき氷”という人も多いのでは。スイーツのテーマパーク『自由が丘スイーツフォレスト』では毎年行列のできる人気のかき氷が今年も好評販売中。

その中でも、アジアンスイーツ専門店『HONG KONG SWEETS 果香』から登場している“台湾かき氷”は、黒蜜シロップと練乳をたっぷりのフルーツと合わせる台湾式と、ちょっと変わり種な“スイーツかき氷”。スーパー・パティシエが自家製のコンフィチィールをプラスするなど、さらに美味しさがバージョンアップされたアジアンスイーツ“台湾かき氷”のラインナップをご紹介いたします。

“台湾かき氷 イチゴ” 650円(税抜)


丁寧に煮詰めた、パティシエ自家製のコンフィチュールが中に入り、アクセントに。ふわふわ氷に苺が映えます。

“台湾かき氷 マンゴー” 650円(税抜)


自家製マンゴーのコンフィチュール入り。マンゴーの果肉がどーんと贅沢にトッピング。

“台湾かき氷 キウイ” 650円(税抜)


自家製キウイのコンフィチュール入り。フルーツはキウイがトッピング。

“台湾かき氷 パイナップル” 650円(税抜)


自家製パイナップルのコンフィチュール。フルーツはパイナップルがトッピング。

“台湾かき氷 すいか” 650円(税抜)


自家製レモンのコンフィチュール入り。フルーツはすいかがトッピング。

“台湾かき氷 スペシャル” 900円(税抜)


亀ゼリー、愛玉子(オーギョーチ)入りアイスクリーム付。アジアンテイスト満載のスペシャルかき氷。

どのフルーツ氷も、ふわふわの氷を食べ進めていくと、フレッシュなフルーツと黒蜜シロップと練乳、次にコンフィチュールのアクセント、最後にミルキーなフルーツシロップと幾重にも味わいが変化していきます。

毎年行列のできる人気のかき氷ながら、美味しさをさらに探究するパティシエのこだわりが加わった“スイーツかき氷”。この夏、堪能してみては。

『自由が丘スイーツフォレスト』施設概要
◆住所:東京都目黒区緑が丘2-25-7「ラ・クール自由が丘」1F~2F
◆営業時間:「スイーツの森」ゾーン/10:00~20:00(年中無休)
「スイーツセレクト」ゾーン/店舗により異なる
◆アクセス:東急東横線大井町線「自由が丘」駅南口から徒歩約5分

スイーツフォレスト
http://www.sweets-forest.com

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好きでだいたい踊っています。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP