ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ただでさえ申請が激混みのLINEスタンプ! 透過処理を忘れてやり直しを指摘されるパターン増加中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンアプリ『LINE』は、チャットも通話も出来る便利なもの。文字だけでなく絵やアニメーションも送る事が出来、それをスタンプ機能と呼んでいる。

スタンプは個人でも販売する事が出来、イラストを42個描いてLINE運営に申請すれば、1~2か月ほどの審査期間を終えて販売がスタートする(最近は申請が激混みで2~3か月かかるとの声もある)。

だが、せっかく申請しても絵にミスがあり、やり直し(リジェクト)を指摘されるパターンが増えている。

やり直しになればさらに審査に時間がかかり、大幅に販売が遅れる事になる。

一番多いミスは、画像の透過処理を忘れているパターンらしい。LINEスタンプは背景(絵がない部分)が透明になっている必要があるので、透過処理をしないと販売できないようだ。

インターネット上の情報によると、申請して審査待ちをしている人達が約4000人いるとの話もある。

ただでさえ申請が激混みのLINEスタンプ。やり直しが発生しない様に、申請前に透過処理を再確認しておきたい。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP