ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

直径3200mの竜巻が来襲! ジャンボ機も巻き上げられる映画『イントゥ・ザ・ストーム』の予告編が解禁

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


直径3200メートル、秒速135メートルの竜巻という超異常気象を描いた新作映画『イントゥ・ザ・ストーム』が、8月22日(金)より全国公開となります。本日、そのポスタービジュアルと予告映像が解禁となりました。


前例のない規模の竜巻に襲われたアメリカ中西部シルバートンの1日を描く本作。直径3200メートルといえば、7月25日(金)からの日本公開が待たれる映画『GODZILLA ゴジラ』に登場する、“ハリウッド版ゴジラ”の体長108メートルと比べても30倍以上の大きさです。愛する人を守りながら必死に逃げまどう人々、スクープを目指して渦中に突っ込んでいくストーム・チェイサーたち。想像を絶する怪物級の超大型竜巻が迫ってきた時、人々はどんな反応を示すのでしょうか?



監督は、歴代最高収益をあげた2本の映画『タイタニック』、『アバター』の第二監督として視覚効果・撮影・演出を手掛け、“ジェームズ・キャメロン監督の右腕”と呼ばれるスティーブン・クォーレ監督。主演は大人気シリーズ『ホビット』でドワーフ族のリーダー、トーリン役を演じたリチャード・アーミティッジが務めます。


「皆さま、近くのものにしがみついて下さい」というメッセージとともにスタートする予告編は、今まで誰も見たことがないような巨大竜巻のパワーを、登場人物たちがハンディカメラやケータイ動画でとらえたPOV(主観)映像で構成することで、本当に実況中継しているような臨場感を体感できる内容となっています。最後には、ジャンボジェット機が空中に巻き上げられる衝撃的な映像も。スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた竜巻ディザスター映画の代表格『ツイスター』では、牛が空中高く吹き飛ばされた映像が有名になりましたが、その比較にならないくらい巨大なパワーの竜巻であるということを端的に示しています。

みなさんはこんな巨大竜巻が襲ってきたら、どんな行動をとりますか? 映画『イントゥ・ザ・ストーム』を鑑賞すれば、その答えが見つかるかもしれません。

映画『イントゥ・ザ・ストーム』本予告【HD】 2014年8月22日公開
https://www.youtube.com/watch?v=qwQbJlDoIzw&list=UUSrwpEM8lBM4jR5YoKX3XOQ[リンク]

『イントゥ・ザ・ストーム』公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/intothestorm/

(c)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

カテゴリー : エンタメ タグ :
よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP