ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Dell、Intel Atom Z3480“Merrifield”プロセッサを搭載した8インチタブレット「Venue 8」を国内発売(更新)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本のDellは7月17日、Intel “Merrifield”ファミリーの64bit対応Atomプロセッサを搭載したAndroidタブレット「Venue 8」を発売しました。Venue 8は、Android 4.4(KitKat)を搭載した8インチタブレットです。Wi-Fiモデルが22,980円で販売されています。Venue 8は、8インチ1,920×1,200ピクセルの液晶ディスプレイ、Intel Atom Z3480 2.13GHzデュアルコアプロセッサを搭載しています。デュアルコアプロセッサですが、CPUコアに22nmのSilvermontを採用したほか、GPUにはPowerVR G6400を採用しており、Intel系のAndroidタブレットの中では高い性能を発揮します。メモリは1GB RAMと16GB ROM(Mciro SD最大64GB対応)を搭載。カメラは背面に500万画素と前面に200万画素を搭載。バッテリー容量は4550mAhです。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、Miracastに対応。このほか、Waves MAXXAudio Proオーディオテクノロジを搭載しており、音質は良いとされています。筐体サイズは216mm x 130mm x 8.95mm、質量は338g。Dellの直販サイトでは、Venue 8本体のほか、「Dell Duoタブレットケース」、「Dell Venue回転フォリオ」、「Bluetoothキーボードフォリオ」、「デル製Bluetoothポータブルスピーカー」などの専用アクセサリーやモバイル用の周辺機器も販売されています。更新:3G/LTEに対応したセルラーモデルが9月5日に発売されます。価格は27,980円(税込み・送料込み)です。Source : Dell


(juggly.cn)記事関連リンク
MicrosoftはNokia Xシリーズを打ち切る方針、一部をLumiaブランドのWindows Phoneに切り替えることも計画
Android版「Gガイド番組表」がv5.4.1にアップデート、「エリア放送」用のメニューが追加
Galaxy Tab S 8.4のExynosモデルでバックカバーが変形する現象が海外で報告される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP