ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイ人のタイ料理シェフに聞いた「美味しいタイ料理屋さんの見分け方」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

世界中にタイ料理屋がありますが、日本は比較的まともなタイ料理やがある方だと思います。

アメリカやアジアのタイ料理屋のクオリティはマシなほうですが、ヨーロッパはお世辞にも美味しいとは言えないタイ料理屋が無数にあります。

日本に住んで数年、日本でタイ料理屋をやっているタイ人のポムさんがいます。

ポムさんはタイ料理のシェフとして働いているのですが、「美味しいタイ料理屋さんの見分け方」を教えてくれました。

「ヤムウンセンが美味しいタイ料理屋は、だいたい他の料理も美味しいはずです。

ヤムウンセンはタイ料理を作るシェフにとって基本のレシピですから、それが上手に作れれば、きちんとした仕事をするシェフという事になります」

ヤムウンセンは、春雨、海老、イカ、野菜等を混ぜ合わせたタイの代表的な料理。

冷たいタイプと温かいタイプがあるそうです(日本の店では冷たい状態で出される事があるらしいのですが、タイでは温かいのが普通らしい)。

タイ料理を食べに行ったら、とりあえずヤムウンセンを注文しましょう。絶対にお店選びで失敗したくない人は、グルメサイトで事前に調べてから行くと良いでしょう。

ヤムウンセンが美味しいと客の感想が書いている店だったら、そこは間違い無く美味しいタイ料理屋かも!?

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP