ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なぜ、松井秀喜は「ゴジラ」と呼ばれるのか~~そのニックネームが国際的スター選手の一歩目だった

DATE:
  • ガジェット通信を≫
なぜ、松井秀喜は「ゴジラ」と呼ばれるのか~~そのニックネームが国際的スター選手の一歩目だった

 映画『GODZILLA ゴジラ』が7月25日(金)より全国公開される。日本が誇る世界で最も著名なキャラクター“ゴジラ”が、誕生から60年の歳月を経て、ハリウッドで映画化された。世界では62の国と地域で封切られており、世界興収は約500億円を突破。日本が世界最後の公開国になるという。

 この映画公開に先立ち、7月10日には都内で、ジャパンプレミアが開催され、「ゴジラ」の愛称でおなじみの松井秀喜氏(元巨人ほか)がビデオメッセージを寄せたことで話題になった。ここで疑問。そもそもなぜ、松井氏は「ゴジラ」と呼ばれるようになったのか? 野球界のうんちくに詳しいスマホサイト『週刊野球太郎』編集部に話を聞いた。

     *   *   *

 巨人選手のニックネームといえば、そのほとんどは「ミスター」こと長嶋茂雄氏が命名しています。高橋由伸を「ウルフ」、元木大介を「くせ者」と、そして古くは王貞治氏を「ワンちゃん」と呼んでいたことで有名ですが、「ゴジラ」に関しては長嶋氏の命名ではありません。

 松井氏を初めて「ゴジラ」と呼んだのは日刊スポーツといわれています。星稜高3年の春、センバツの直前に「ゴジラ」の名が紙面に登場しました。前年の高校選抜で1学年上の先輩たちから「怪獣」と呼ばれていたことから派生した、と考えられています。

 今回のビデオメッセージの中で、「『ゴジラ』が盛り上がっていると、なぜか自分のことのようにうれしく思います」と語るなど、このニックネームを全面的に受け入れている松井氏ですが、当初は嫌で嫌で仕方がなかったようです。その顛末が自著『不動心』の中で記されています。

《ゴジラと命名した日刊スポーツの女性記者に「ちょっとゴジラなんて勘弁してくださいよ。もっとかわいいニックネームはないんですか」と苦情(?)を言ったのを覚えています。もっとも、その女性記者には「あら、ゴジラってかわいいじゃない」と一蹴されましたが……》

 しかし、その後、この「ゴジラ」のニックネームに愛着が生まれたことも語っています。

《アメリカの人々から「ガッズィーラ」と呼ばれると、うれしく思います。きっと「HidekiMatsui」という本名より、ニューヨークの人々に親しまれているのでしょう。それが、どれだけ自分の力になっているかわかりません。高校時代、あまり好きではなかったニックネームが、時を経て大リーグへやってきた自分の力になってくれているのです。本当に、何が幸いするかわかりませんね》

 ちなみに、今回は宣伝協力として映画に参加した松井氏ですが、過去には『ゴジラ』本編にも本人役で出演をしたことがあります。ゴジラシリーズ26作目『ゴジラ対メカゴジラ』です。松井ファン、そしてゴジラファンであれば押さえておきたいマメ知識です。

※『週刊野球太郎』は、プロ野球・高校野球を楽しむネタが満載。auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。
スマートフォンマガジン『週刊野球太郎』(http://yakyutaro.jp)はプロ野球やMLBはもちろん、高校野球をはじめアマチュア野球&ドラフト情報も網羅。野球に関する本や映画の紹介コーナーもあります。現在、同編集部が発行する雑誌『野球太郎No.009 夏の高校野球大特集号』が好評発売中。

■関連リンク
選手人生を変えた「ベンチ殴打事件」
激戦続く地方大会でまさかの試合
プロ野球選手にありがちな表記
のっぴきならない事情で試合中止に
スマホで楽しむ「もう一つの戦い」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。